お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-07 09:40
実行段の多機能ウェーブ化によるマルチメディア機能強化
野田一訓横山温子武田宏樹深瀬政秋佐藤友暁弘前大VLD2007-157 ICD2007-180 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2007-180
抄録 (和) ユビキタスネットワークへの貢献を目的として我々が開発してきたマルチメディアモバイルプロセッサHCgorillaは, Java対応でマルチメディアデータの暗号処理と浮動小数点演算の機能をハード的に組み込んでいる. しかし, HCgorillaの実行段はレイテンシィの異なる整数型と浮動小数点型の演算パイプラインを並列化しているため, 命令スケジューリングが必要であった. 本研究ではこの点を克服して, HCgorillaの改良を行う. 具体的には, 並列実行段を多機能化し, 多機能型実行段をウェーブ化する. 多機能型ウェーブパイプラインは, スーパースカラ方式よりも高効率でダイナミックレンジの広いILP (instruction level parallelism) を実現し, パイプライン制御の高効率低消費電力化に適している. 
(英) A multimedia mobile processor HCgorilla developed for ubiquitous network was built in Java CPU, cipher logic, and floating point arithmetic units. HCgorilla needed instruction scheduling, because the execution stage of HCgorilla had integer and floating point arithmetic pipelines that were physically separated and had different latencies. We describe, in this paper, the solution of this issue and the improvement of HCgorilla. Specifically, the execution stage is made a multifunctional hardware unit by merging the physical separation of arithmetic pipelines. Then, the multifunctional execution unit is wave-pipelined. Multifunctional wave-pipelines realize wide-range dynamic ILP (instruction level parallelism) at a rate higher than regular superscalar architecture.
キーワード (和) ユビキタス / マルチメディア / 多機能演算回路 / ウェーブ化 / / / /  
(英) Ubiquitous / Multimedia / Multifunctional execution unit / Wave-pipeline / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 508, VLD2007-157, pp. 7-12, 2008年3月.
資料番号 VLD2007-157 
発行日 2008-02-29 (VLD, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2007-157 ICD2007-180 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2007-180

研究会情報
研究会 VLD ICD  
開催期間 2008-03-05 - 2008-03-07 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター 
開催地(英) TiRuRu 
テーマ(和) システムオンシリコン設計技術ならびにこれを活用したVLSI <オーガナイザ:張山 昌論(東北大学)> 
テーマ(英) System-on-silicon design techniques and related VLSs 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2008-03-VLD-ICD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実行段の多機能ウェーブ化によるマルチメディア機能強化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Enhancing Multimedia Processing by Wave-Pipelining a Multifunctional Execution Unit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ユビキタス / Ubiquitous  
キーワード(2)(和/英) マルチメディア / Multimedia  
キーワード(3)(和/英) 多機能演算回路 / Multifunctional execution unit  
キーワード(4)(和/英) ウェーブ化 / Wave-pipeline  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 一訓 / Kazunori Noda / ノダ カズノリ
第1著者 所属(和/英) 弘前大学 (略称: 弘前大)
Hirosaki University (略称: Hirosaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 温子 / Atuko Yokoyama / ヨコヤマ アツコ
第2著者 所属(和/英) 弘前大学 (略称: 弘前大)
Hirosaki University (略称: Hirosaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 宏樹 / Hiroki Takeda / タケダ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 弘前大学 (略称: 弘前大)
Hirosaki University (略称: Hirosaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 深瀬 政秋 / Masa-aki Fukase / フカセ マサアキ
第4著者 所属(和/英) 弘前大学 (略称: 弘前大)
Hirosaki University (略称: Hirosaki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 友暁 / Tomoaki Sato / サトウ トモアキ
第5著者 所属(和/英) 弘前大学 (略称: 弘前大)
Hirosaki University (略称: Hirosaki Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-03-07 09:40:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 VLD 
資料番号 VLD2007-157, ICD2007-180 
巻番号(vol) vol.107 
号番号(no) no.508(VLD), no.511(ICD) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数
発行日 2008-02-29 (VLD, ICD) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会