お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-14 14:50
パラレル伝送を適用したグリッドコンピューティング特性の評価
宮城洋之岡崎裕介碓井亮太荒川 豊岡本 聡山中直明慶大PN2007-93
抄録 (和) 1つのタスクを複数のプロセスに分割し,複数の計算機を使用して並列にプロセスを実行するグリッドコンピューティング環境においてネットワーク特性がタスク実行時間に与える影響は大きい.近年,様々なグリッドアプリケーションが登場し,より広帯域な広域ネットワークが求められるようになってきており,要求帯域は100Gbps以上に達する.
本稿では,ネットワーク帯域を広帯域化する手法としてリンクアグリゲーション等のパラレル伝送に着目し,パラレル伝送を適用したグリッド環境において,パラレル伝送がグリッドコンピューティングの性能に与える影響について検証する. 
(英) In a grid computing environment, a task is divided into multiple processes and the processes are distributed to multiple processing nodes via networks. The network characteristics such as bandwidth and latency affect the task performance. In recent years, with the growth of wide area network technologies, various grid applications are developed and the requirement for bandwidth of wide area networks becomes large and it reaches more than 100Gbps.
In this paper, we focus on parallel data links, such as link aggregation, to make bandwidth higher. By experiments, the performance of grid computing using parallel data links is evaluated.
キーワード (和) グリッドコンピューティング / 広域分散コンピューティング / パラレル伝送 / リンクアグリゲーション / / / /  
(英) Grid Computing / Parallel and Distributed Computing / Parallel Data Link / Link Aggregation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 544, PN2007-93, pp. 111-116, 2008年3月.
資料番号 PN2007-93 
発行日 2008-03-06 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2007-93

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2008-03-13 - 2008-03-14 
開催地(和) 大濱信泉記念館(沖縄、石垣島) 
開催地(英) Ohama-Nobumoto-Kinenkan (Ishigakijima) 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2008-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パラレル伝送を適用したグリッドコンピューティング特性の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Grid Computing Using Parallel Data Link 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グリッドコンピューティング / Grid Computing  
キーワード(2)(和/英) 広域分散コンピューティング / Parallel and Distributed Computing  
キーワード(3)(和/英) パラレル伝送 / Parallel Data Link  
キーワード(4)(和/英) リンクアグリゲーション / Link Aggregation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮城 洋之 / Hiroyuki Miyagi / ミヤギ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 裕介 / Yusuke Okazaki / オカザキ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 碓井 亮太 / Ryota Usui / ウスイ リョウタ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 豊 / Yutaka Arakawa / アラカワ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 聡 / Satoru Okamoto / オカモト サトル
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 直明 / Naoaki Yamanaka / ヤマナカ ナオアキ
第6著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-03-14 14:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 PN 
資料番号 PN2007-93 
巻番号(vol) vol.107 
号番号(no) no.544 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数
発行日 2008-03-06 (PN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会