お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-04-23 14:30
単一多数決器を用いたカスケード式TMRの最適構成の導出
濱松 雅土屋達弘菊野 亨阪大CPSY2008-6 DC2008-6
抄録 (和) 三重系多数決システム(TMR)は,モジュールを三重化し,それらの出力を多数決器を用いて比較するシステムで,フォールトトレラントシステムを実現する代表的な手法である.また,複数のTMRを直列に接続したシステムをカスケード式TMRと呼ぶ.単一の多数決器をカスケード式TMRの各ステージに用いる場合,従来はファンアウトが3の多数決器を用いたTMRのみが想定されていたが,最近になりファンアウトが1の多数決器を用いた新しい構造が提案された.本報告では,単一多数決器のTMRで構成されたカスケード式TMRの信頼度を計算により求める方法,並びに単一多数決器のカスケード式TMRの最適構成を導出する手法の提案を行う.カスケード式TMRの信頼度計算では,カスケード式TMRの3系統の出力の状態を場合分けし,各状態の生起確率をステージ毎に求める.また,カスケード式TMRの最適構成の導出では,分枝限定法を用いて効率的に解空間を探索する. 
(英) Triple modular redundancy (TMR) is a major method that is used for implementing fault tolerant systems. In TMR, a module unit is triplicated, and the outputs of these three units are compared by a voter. A system connecting multiple TMR in series is called a cascading TMR system. Traditionally cascading single-voter TMR systems use voters of fan-out three.Recently, however, a new cascading single-voter TMR system configuration which uses voters of fan-out one was proposed. This study proposes a method of calculating the reliability of cascading single-voter TMR systems and an algorithm for finding the optimal configuration of a cascading single-voter TMR system. The method of calculating reliability uses a case-splitting based on the state of the values of the three lines in a cascading single-voter TMR system to calculate the occurrence probability of each state at every stage. The method of finding the optimal configuration of a cascading single-voter TMR system uses the branch and bound approach to explore the solution space effectively.
キーワード (和) フォールトトレラントシステム / 三重系多数決システム(TMR) / カスケード式TMR / / / / /  
(英) Fault Tolerant System / Triple Modular Redundancy(TMR) / Cascading TMR / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 15, DC2008-6, pp. 31-36, 2008年4月.
資料番号 DC2008-6 
発行日 2008-04-16 (CPSY, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPSY2008-6 DC2008-6

研究会情報
研究会 DC CPSY  
開催期間 2008-04-23 - 2008-04-23 
開催地(和) 東大・武田ホール 
開催地(英) Tokyo Univ. 
テーマ(和) ディペンダブルコンピューティングシステムおよび一般 (共催: JST CREST 「アーキテクチャと形式的検証の協調による超ディペンダブルVLSI」) 
テーマ(英) Dependable Computing Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2008-04-DC-CPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 単一多数決器を用いたカスケード式TMRの最適構成の導出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Finding the Optimal Configuration of a Cascading Single-Voter TMR System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フォールトトレラントシステム / Fault Tolerant System  
キーワード(2)(和/英) 三重系多数決システム(TMR) / Triple Modular Redundancy(TMR)  
キーワード(3)(和/英) カスケード式TMR / Cascading TMR  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱松 雅 / Masashi Hamamatsu / ハママツ マサシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 達弘 / Tatsuhiro Tsuchiya / ツチヤ タツヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊野 亨 / Tohru Kikuno / キクノ トオル
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-04-23 14:30:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 DC 
資料番号 CPSY2008-6, DC2008-6 
巻番号(vol) vol.108 
号番号(no) no.14(CPSY), no.15(DC) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数
発行日 2008-04-16 (CPSY, DC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会