お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-20 13:50
シミュレーテッドアニーリングを用いた円形連続型k-out-of-n:Fシステムの最適配置問題の解法
新行内康慈十文字学園女子大)・山本久志首都大東京R2008-17
抄録 (和) 円形連続型k-out-of-n:Fシステムは円形に配置されたn個のコンポーネントで構成され,k個以上の連続するコンポーネントが故障したときにシステム全体が故障となるシステムである.このようなシステムの最適配置問題については,k=1, 2, n-2, n-1, n以外の場合には不変性が成立せず,nが大きくなると計算量が膨大になるため厳密解を求めることが困難になる.本研究では,この問題に対してシミュレーテッドアニーリングを適用するとともに,回転/反転によって生じる同一システム信頼度をもつ配置を除外した改良アルゴリズムを提案し,数値実験により先行研究で提案されたアルゴリズムと比較し,提案アルゴリズムの有効性について検証した. 
(英) A circular consecutive-k-out-of-n:F system consists of n components arranged along a circular path. This system fails if k or more consecutive components fail. As n increases, because no invariant optimal arrangement of such system exists except for the cases of k=1, 2, n-2, n-1, n, the amount of calculation would be too much to obtain the exact solution within a reasonable computing time. In this paper, we have proposed two kinds of simulated annealing algorithms to obtain quasi optimal solutions for such problems. We compared their performances with two kinds of genetic algorithms proposed in previous work and demonstrated the advantage of our proposed algorithms through numerical experiments.
キーワード (和) 円形連続型k-out-of-n:Fシステム / 最適配置問題 / シミュレーテッドアニーリング / / / / /  
(英) Circular Consecutive-k-out-of-n:F System / Optimal Component Arrangement Problem / Simulated Annealing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 95, R2008-17, pp. 15-20, 2008年6月.
資料番号 R2008-17 
発行日 2008-06-13 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2008-17

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2008-06-20 - 2008-06-20 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) システムの信頼性、信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2008-06-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シミュレーテッドアニーリングを用いた円形連続型k-out-of-n:Fシステムの最適配置問題の解法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simulated Annealing for Solving Optimal Component Arrangement Problems in a Circular Consecutive-k-out-of-n:F System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 円形連続型k-out-of-n:Fシステム / Circular Consecutive-k-out-of-n:F System  
キーワード(2)(和/英) 最適配置問題 / Optimal Component Arrangement Problem  
キーワード(3)(和/英) シミュレーテッドアニーリング / Simulated Annealing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新行内 康慈 / Koji Shingyochi / シンギョウチ コウジ
第1著者 所属(和/英) 十文字学園女子大学 (略称: 十文字学園女子大)
Jumonji University (略称: Jumonji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 久志 / Hisashi Yamamoto / ヤマモト ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-06-20 13:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 R 
資料番号 R2008-17 
巻番号(vol) vol.108 
号番号(no) no.95 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数
発行日 2008-06-13 (R) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会