お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-26 13:10
音声認識第1パス部のC言語設計とその最適化
江口彰彦近畿大)・才辻 誠NECエレクトロニクス)・橋本 丈神戸尚志近畿大CAS2008-9 VLD2008-22 SIP2008-43
抄録 (和) 大語彙連続音声認識では2パス方式がよく用いられており、そのうち第1パスの処理に高い処理能力が必要となる。本文では携帯端末へ搭載するため、低速なCPUと専用ハードウェアによるリアルタイム認識を目指すためにこの第一パス処理に注目し、動作合成を可能とするBachシステムを用いて第一パス処理のハードウェア設計を行い、その最適化手法を提案し、また性能を評価する。 
(英) It is critical to speed up the first pass process of the large vocabulary speech recognition for real time operation of hand held system with low speed processor. In this paper, we design and optimize the circuits of the first-pass process using Bach system, and evaluate its performance.
キーワード (和) 音声認識 / C言語設計 / アーキテクチャ最適化 / Bachシステム / / / /  
(英) Speech Recognition / C-based design / Architecture Optimization / Bach system / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 106, VLD2008-22, pp. 45-50, 2008年6月.
資料番号 VLD2008-22 
発行日 2008-06-19 (CAS, VLD, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2008-9 VLD2008-22 SIP2008-43

研究会情報
研究会 VLD CAS SIP  
開催期間 2008-06-26 - 2008-06-27 
開催地(和) 北海道大学 高等教育機能開発センター 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 信号処理、LSI、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2008-06-VLD-CAS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音声認識第1パス部のC言語設計とその最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A C-based Design for the first pass of Speech Recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声認識 / Speech Recognition  
キーワード(2)(和/英) C言語設計 / C-based design  
キーワード(3)(和/英) アーキテクチャ最適化 / Architecture Optimization  
キーワード(4)(和/英) Bachシステム / Bach system  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 江口 彰彦 / Akihiko Eguchi / エグチ アキヒコ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 才辻 誠 / Makoto Saituji / サイツジ マコト
第2著者 所属(和/英) NECエレクトロニクス (略称: NECエレクトロニクス)
NEC Electronics (略称: NECエレクトロニクス)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 丈 / Joe Hashimoto / ハシモト ジョウ
第3著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 神戸 尚志 / Takashi Kambe / カンベ タカシ
第4著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-06-26 13:10:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 VLD 
資料番号 CAS2008-9, VLD2008-22, SIP2008-43 
巻番号(vol) vol.108 
号番号(no) no.104(CAS), no.106(VLD), no.108(SIP) 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数
発行日 2008-06-19 (CAS, VLD, SIP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会