お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-30 13:00
[特別招待講演]行動履歴に基づく情報推薦基盤と推論エンジンの開発
佐藤一夫山本真人小林 功NTTドコモ)・佐治信之NEC)・田中克明東大AI2008-6
抄録 (和) 電子化された情報が爆発的に氾濫する中で,利用者は真に欲しい情報を見失うことが多くなった.利用者の負担を減らして,行動中でも欲しい情報に到達できるサービスの普及を目的として,行動情報を元にした推薦サービスを可能にする情報基盤の開発を行った.推薦サービスの実現にあたり,推論エンジンとして利用者個人ごとの行動情報とコンテンツを構造化してマッチングさせるヒストリ型と呼ぶタイプと,類似する行動を取る利用者をグループ化して,そのグループに特徴的なコンテンツを選択的に推薦するDWH型と呼ぶタイプの2種類の推論エンジンを開発した.1000人規模の被験者を集めて約3ヶ月間の実証実験を行って,推論エンジンと情報基盤の有効性の検証を行った結果を報告する. 
(英) Explosive increase of information makes it difficult for users to find out what they really want. As a countermeasure, the authors have developed a information recommendation platform that enables user to receive information without their conscious operation by utilizing various activity data such as GPS location data. The authors have designed two kinds of recommendation engine, DWH Recommendation Engine and Personal History Oriented Recommendation Engine. These engines worked as a part of My Life Assist Service. It was a mobile service provided by NTT DoCoMo, Inc. as a field experiment from Dec. 2007 to Feb. 2008.
キーワード (和) 推論システム / 携帯電話 / コンテキストアウェアネス / ライフログ / / / /  
(英) recommender system / mobile phone / context awareness / LifeLog / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 119, AI2008-6, pp. 33-38, 2008年6月.
資料番号 AI2008-6 
発行日 2008-06-23 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2008-6

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2008-06-30 - 2008-06-30 
開催地(和) 関学丸の内キャンパス(東京) 
開催地(英) Kwansei Gakuin University, Tokyo Marunouchi Campus 
テーマ(和) 「Webインテリジェンス」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2008-06-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 行動履歴に基づく情報推薦基盤と推論エンジンの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Recommendation Platform based on Personal History 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 推論システム / recommender system  
キーワード(2)(和/英) 携帯電話 / mobile phone  
キーワード(3)(和/英) コンテキストアウェアネス / context awareness  
キーワード(4)(和/英) ライフログ / LifeLog  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 一夫 / Kazuo Sato / サトウ カズオ
第1著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo (略称: DoCoMo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 真人 / Masato Yamamoto / ヤマモト マサト
第2著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo (略称: DoCoMo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 功 / Isao Kobayashi / コバヤシ イサオ
第3著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo (略称: DoCoMo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐治 信之 / Nobuyuki Saji / サジ ノブユキ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 克明 / Katsuaki Tanaka / タナカ カツアキ
第5著者 所属(和/英) 国立大学法人 東京大学 (略称: 東大)
the University of Tokyo (略称: University of Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-06-30 13:00:00 
発表時間 45分 
申込先研究会 AI 
資料番号 AI2008-6 
巻番号(vol) vol.108 
号番号(no) no.119 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数
発行日 2008-06-23 (AI) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会