お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-24 15:20
放送コンテンツのDRMに関する人格的な権利と経済的な権利との整合性について
児玉晴男メディア教育開発センターISEC2008-25 SITE2008-19
抄録 (和) 放送コンテンツのインターネット配信をすすめるうえで,ディジタル権利管理(Digital Rights Management:DRM)システムが重要になる.ここで,放送コンテンツのインターネット配信を促進するうえで,著作権の問題とプライバシーの問題が障害になっている.そこで,放送コンテンツの構造を分析した後に,DRMの権利(Rights)のできるだけ多くの対象を見出して、人格的な権利と経済的な権利との相互の関係を見出さなければならない.本稿は,欧米と東アジアの著作権制度を考慮して,放送コンテンツのインターネット配信を促進するうえのDRMの権利(Rights)の相互の関係について検討する. 
(英) It is necessary to construct Digital Rights Management(DRM) systems to promote webcasting contents. There are problems of copyrights and privacy on promoting webcasting contents. Therefore, one must extract the Rights of DRM after analyzing the structure of contents, and examine the relations between moral rights and economic rights. This paper examines the relations between the Rights of DRM in consideration of the copyright systems of EU-U.S.A. and East Asia.
キーワード (和) 放送コンテンツ / ディジタル権利管理 / 著作権 / 人格権 / 著作隣接権 / / /  
(英) Webcasting Contents / Digital Rights Management / copyrights / moral rights / neighboring rights / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 160, SITE2008-19, pp. 67-72, 2008年7月.
資料番号 SITE2008-19 
発行日 2008-07-17 (ISEC, SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2008-25 SITE2008-19

研究会情報
研究会 ISEC SITE IPSJ-CSEC  
開催期間 2008-07-24 - 2008-07-25 
開催地(和) 福岡システムLSI総合開発センター 
開催地(英) Fukuoka Institute of System LSI Design Industry 
テーマ(和) 一般.情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会(ICSS)、情報処理学会情報セキュリティ心理学とトラスト研究グループ (IPSJ-SPT)協賛 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2008-07-ISEC-SITE-CSEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 放送コンテンツのDRMに関する人格的な権利と経済的な権利との整合性について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consistency between Moral Rights and Economic Rights in Digital Rights Management of Webcasting Contents 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 放送コンテンツ / Webcasting Contents  
キーワード(2)(和/英) ディジタル権利管理 / Digital Rights Management  
キーワード(3)(和/英) 著作権 / copyrights  
キーワード(4)(和/英) 人格権 / moral rights  
キーワード(5)(和/英) 著作隣接権 / neighboring rights  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 児玉 晴男 / Haruo Kodama / コダマ ハルオ
第1著者 所属(和/英) メディア教育開発センター (略称: メディア教育開発センター)
National Institute of Multimedia Education (略称: NIME)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-24 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 ISEC2008-25, SITE2008-19 
巻番号(vol) 108 
号番号(no) no.161(ISEC), no.160(SITE) 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数
発行日 2008-07-17 (ISEC, SITE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会