お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-31 13:35
高次数周期の振動応答を発生する離散時間カオス・ニューロン結合系の分岐(II)
武藏美緒藤本憲市吉永哲哉徳島大NLP2008-24
抄録 (和) 筆者等は以前に,振動的応答を発生させることのできる離散時間ニューロン結合系モデルを提案し,恒等なニューロン結合系にみられる周期点の分岐集合を求め振動応答の発生機構を検討した.本報告では,各ニューロンへの直流入力値が異なる非対称結合系を対象として分岐解析を行い,パラメータ変化により対称性を崩すことで,対称系には観察されなかった周期の次数の振動応答が発生することを示し,その発生機構を検討している. 
(英) We previously proposed a discrete-time dynamical system of coupled chaotic neurons that can generate oscillatory responses formed by periodic points, and investigated oscillatory responses observed in the coupled system consisting of identical neurons. In this report, we consider a coupled system with different DC input values to each neuron, and clarify a mechanism of the generation of periodic points that exist specific to the asymmetric system.
キーワード (和) 非線形問題 / 離散時間力学系 / ニューロン結合系 / 分岐 / 数理モデル / / /  
(英) nonlinear problem / discrete-time dynamical system / coupled neurons / bifurcation / mathematical model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 174, NLP2008-24, pp. 27-31, 2008年7月.
資料番号 NLP2008-24 
発行日 2008-07-24 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2008-24

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2008-07-31 - 2008-08-01 
開催地(和) 高知工業高等専門学校 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2008-07-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高次数周期の振動応答を発生する離散時間カオス・ニューロン結合系の分岐(II) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bifurcations in discrete-time coupled chaotic neurons generating oscillatory responses with high order of period (II) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非線形問題 / nonlinear problem  
キーワード(2)(和/英) 離散時間力学系 / discrete-time dynamical system  
キーワード(3)(和/英) ニューロン結合系 / coupled neurons  
キーワード(4)(和/英) 分岐 / bifurcation  
キーワード(5)(和/英) 数理モデル / mathematical model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武藏 美緒 / Mio Musashi / ムサシ ミオ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 憲市 / Ken'ichi Fujimoto / フジモト ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉永 哲哉 / Tetsuya Yoshinaga / ヨシナガ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-31 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 NLP2008-24 
巻番号(vol) 108 
号番号(no) no.174 
ページ範囲 pp.27-31 
ページ数
発行日 2008-07-24 (NLP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会