お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-08-22 13:25
産学官連携による社会人基礎力育成・評価事業 ~ 宮城大学モデル-「人材の地産地消」地域で育てた人材を地域で活かす ~
富樫 敦山田智子宮城大)・庄子栄光仙台ソフトウェアセンター)・梶 功夫岡田貞明宮西洋太郎茅原拓朗宮原育子宮城大SWIM2008-13
抄録 (和) 宮城大学事業構想学部3年次後期授業「総合研究」というカリキュラムの中で,企業,業界団体,自治体等と連携を取りながら,PBL形式で地域の課題を産学連携で解決する過程を得て,参加学生の社会人基礎力を向上する事業である.事業を通して,評価基準,評価方法,事業推進プロセス,成果発表会などからなる宮城大学モデルの構築を行った.本事業は,地域の企業,団体,自治体の支援を受け,まさに地域一丸となった社会人基礎力養成プログラムである.本学の地域密着の理念を実現しながら,企業が求める社会人基礎力を育成し将来的な人材の地産地消へつなげていくという一貫性をもった人材育成は,今後の地域社会における本学の役割の発揮や地域の発展においても,益々その重要性を増していくものと考えられる. 
(英) This article briefly overviews the report on the Project of the Promotion and Evaluation of Social Human Power based on Collaborations - Miyagi University Model -, held last school year. The details on the aims, plans, do (what we did), and check are described.
キーワード (和) 社会人基礎力 / 育成と評価 / 宮城大学モデル / / / / /  
(英) Social Human Power / promotion and evaluation / Miyagi Univ. Model / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 185, SWIM2008-13, pp. 31-36, 2008年8月.
資料番号 SWIM2008-13 
発行日 2008-08-15 (SWIM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SWIM2008-13

研究会情報
研究会 SWIM  
開催期間 2008-08-22 - 2008-08-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SWIM 
会議コード 2008-08-SWIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 産学官連携による社会人基礎力育成・評価事業 
サブタイトル(和) 宮城大学モデル-「人材の地産地消」地域で育てた人材を地域で活かす 
タイトル(英) Project of the Promotion and Evaluation of Social Human Power based on Collaborations 
サブタイトル(英) Miyagi University Model 
キーワード(1)(和/英) 社会人基礎力 / Social Human Power  
キーワード(2)(和/英) 育成と評価 / promotion and evaluation  
キーワード(3)(和/英) 宮城大学モデル / Miyagi Univ. Model  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 富樫 敦 / Atsushi Togashi / トガシ アツシ
第1著者 所属(和/英) 宮城大学 (略称: 宮城大)
Miyagi University (略称: Miyagi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 智子 / Tomoko Yamada / ヤマダ トモコ
第2著者 所属(和/英) 宮城大学 (略称: 宮城大)
Miyagi University (略称: Miyagi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄子 栄光 / Hidemitsu Shoji / ショウジ ヒデミツ
第3著者 所属(和/英) 株式会社仙台ソフトウェアセンター (略称: 仙台ソフトウェアセンター)
Miyagi University Inc. (略称: Miyagi University Inc.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶 功夫 / Isao Kaji / カジ イサオ
第4著者 所属(和/英) 宮城大学 (略称: 宮城大)
Miyagi University (略称: Miyagi Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 貞明 / Sdaaki Okada / オカダ サダアキ
第5著者 所属(和/英) 宮城大学 (略称: 宮城大)
Miyagi University (略称: Miyagi Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮西 洋太郎 / Yohtaro Miyanishi / ミヤニシ ヨウタロウ
第6著者 所属(和/英) 宮城大学 (略称: 宮城大)
Miyagi University (略称: Miyagi Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 茅原 拓朗 / Takuro Kayahara / カヤハラ タクオ
第7著者 所属(和/英) 宮城大学 (略称: 宮城大)
Miyagi University (略称: Miyagi Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮原 育子 / Ikuko Miyahara / ミヤハラ イクコ
第8著者 所属(和/英) 宮城大学 (略称: 宮城大)
Miyagi University (略称: Miyagi Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-08-22 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SWIM 
資料番号 SWIM2008-13 
巻番号(vol) vol.108 
号番号(no) no.185 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数
発行日 2008-08-15 (SWIM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会