お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-28 09:00
共生コンピューティングとSemantic Wiki
北村泰彦関西学院大)・河本健作村田製作所)・川崎琢磨関西学院大AI2008-33
抄録 (和) 情報通信技術は現代社会に深く浸透しているが,利便性の一方で,その障害によって大きな社会問題を引き起こすこともある.このような問題に対処する一つの枠組は,人工物と人間利用者がうまく共存できる共生コンピューティングであると考えている.本稿では共生コンピューティングへの一つのアプローチとして,人工物であるエージェントと人間利用者が協調して,Webコンテンツを作り上げるSemantic Wikiを取り上げる.Semantic Wikiのプロトタイプとして開発したKawaWikiと,コンテンツの整合性維持の機能ついて議論する. 
(英) Information and comunication technologies deeply penetrate into our society. Whike they make our life combinient, they have raised a number of problmes owing to their troubles. We believe the concept of ``symbiotic computing,'' where artifacts and human users coexist collaboratively, can ease the problems. We discuss Semantic Wiki in which human users and information agents collaborate to create Web contents and introduce KawaWiki, which is a prototype of Semantic Wiki, and its functions to maintain the consistency of the Wiki contents.
キーワード (和) Semantic Wiki / Semantic Web / エージェント / 整合性維持 / / / /  
(英) Semantic Wiki / Semantic Web / Agent / Consistency Maintenance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 325, AI2008-33, pp. 51-56, 2008年11月.
資料番号 AI2008-33 
発行日 2008-11-20 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2008-33

研究会情報
研究会 AI IPSJ-DC  
開催期間 2008-11-27 - 2008-11-28 
開催地(和) 琉球大学 工学部大会議室(工学部2号館2階) 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報社会のデザイン:デジタルドキュメントと知的コミュニケーション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2008-11-AI-DD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共生コンピューティングとSemantic Wiki 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Symbiotic Computing and Semantic Wiki 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Semantic Wiki / Semantic Wiki  
キーワード(2)(和/英) Semantic Web / Semantic Web  
キーワード(3)(和/英) エージェント / Agent  
キーワード(4)(和/英) 整合性維持 / Consistency Maintenance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 泰彦 / Yasuhiko Kitamura / キタムラ ヤスヒコ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河本 健作 / Kensaku Kawamoto / カワモト ケンサク
第2著者 所属(和/英) 村田製作所 (略称: 村田製作所)
Murata Manufacturing (略称: Murata Manufacturing)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川崎 琢磨 / Takuma Kawasaki / カワサキ タクマ
第3著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-11-28 09:00:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 AI 
資料番号 AI2008-33 
巻番号(vol) vol.108 
号番号(no) no.325 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数
発行日 2008-11-20 (AI) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会