お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-12 09:00
高速トランスポートプロトコルに対する親和性向上手法の提案と評価
吉水 卓古閑宏幸北九州市大)・神山勝司九州電力)・熊副和美ヒューマンメディア財団)・川原憲治鶴 正人尾家祐二九工大IN2008-95
抄録 (和) 近年では、急速なブロードバンド化やマルチメディア化に伴い増大してきている帯域を効率的に利用するための技術として、より高速なトランスポートプロトコルが求められてきている。しかし、peer to peer (P2P) トラフィックが大半を占めている近年のインターネット形態において、高速トランスポートプロトコルにそのまま移行すると、そのデータ量が巨大であるため、これらのP2P フロー(エレファントフロー) がネットワーク帯域を占有することになる。そして、ネットワーク全体のフローの品質が下がってしまい、輻輳崩壊に繋がるという新たな問題が起こる。そこで我々は、この問題に対する解決策として、高速トランスポートが利用可能な帯域を占有することなく、従来のTCP やその他のフローに利用可能な帯域を残すための手法を提案する。これによって、従来のTCP に対するスループットの親和性の向上を図る。また、シミュレーション評価により、提案手法の有効性を示す。 
(英) Recently, high speed transport protocols are expected to use a large bandwidth effectively in the broadband and multimedia networks. If these protocols are employed in elephant flows, such as peer to peer (P2P) flows,
the flows can occupy network resources. It leads to the degradation of quality of services and a congestion collapse of networks. In this paper, therefore, we propose a friendliness improvement method for high speed transport protocols to resolve these roblems. This method improves the friendliness of throughputs by leaving an available bandwidth to standard TCP and other flows. Furthermore, we show the effectiveness of the proposed method through simulations.
キーワード (和) 高速トランスポートプロトコル / スループットの親和性 / 輻輳制御 / エレファントフロー / / / /  
(英) High-speed Transport Protocol / Friendliness / Congestion Control / Elephant Flow / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 342, IN2008-95, pp. 55-60, 2008年12月.
資料番号 IN2008-95 
発行日 2008-12-04 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2008-95

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2008-12-11 - 2008-12-12 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) インターネットトラヒック,TCP/IP,性能解析・評価,信頼性,ネットワークモデルおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2008-12-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速トランスポートプロトコルに対する親和性向上手法の提案と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Friendliness Improvement Method for High Speed Transport Protocols 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高速トランスポートプロトコル / High-speed Transport Protocol  
キーワード(2)(和/英) スループットの親和性 / Friendliness  
キーワード(3)(和/英) 輻輳制御 / Congestion Control  
キーワード(4)(和/英) エレファントフロー / Elephant Flow  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉水 卓 / Suguru Yoshimizu / ヨシミズ スグル
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古閑 宏幸 / Hiroyuki Koga / コガ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神山 勝司 / Katsushi Kouyama / コウヤマ カツシ
第3著者 所属(和/英) 九州電力 (略称: 九州電力)
Kyushu Electric Power Company, Incorporated (略称: Kyushu Electric Power Company, Incorporated)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊副 和美 / Kazumi Kumazoe / クマゾエ カズミ
第4著者 所属(和/英) 九州ヒューマンメディア創造センター (略称: ヒューマンメディア財団)
Human Media Creation Center / KYUSHU (略称: Human Media Creation Center / KYUSHU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 憲治 / Kenji Kawahara / カワハラ ケンジ
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Institute of Technology)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴 正人 / Masato Tsuru / ツル マサト
第6著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Institute of Technology)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第7著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Institute of Technology)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-12-12 09:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IN 
資料番号 IN2008-95 
巻番号(vol) vol.108 
号番号(no) no.342 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数
発行日 2008-12-04 (IN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会