お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-18 19:15
fMRIによる光沢知覚に関わる脳活動部位の解析
和田充史坂野雄一安藤広志NICT/ATRHIP2008-138
抄録 (和) 物体表面の光沢知覚に関わる神経基盤の解明に向けて機能的磁気共鳴画像法によ
る実験を行った.視覚刺激として光沢レベルの異なる物体を CG により再現した.
また,光沢知覚に相関する血中酸素レベル依存応答を単なる刺激の輝度への応答
から分離するため,刺激物体に対する照明条件を統制した.脳表面図に基づく集
団解析の結果より,横後頭溝および腹側後頭部が光沢知覚に関わる領域と示唆さ
れた.さらに,それら賦活領域に対応する視覚野を網膜部位再現に基づき同定し
関心領域解析を行った.その結果,V3A および hV4 における BOLD 信号変化率は
照明レベルではなく光沢レベルの変化に対応した傾向を示し,一方で,V1 は単な
る輝度変化に対応した傾向を示した. 
(英) A functional magnetic resonance imaging (fMRI) study was conducted to
clarify the neural correlates of the perception of surface glossiness.
Computer-generated images that simulated objects with different
glossiness levels were presented as visual stimuli. The illumination on
the objects was also controlled to dissociate the BOLD responce simply
correlated with the luminance of the stimuli. From the results of
cortical surface-based group analysis, Transverse Occipital Sulcus (TOS)
and Ventral Occipital area (VO) were identified that might be involved
in glossiness perception. ROI analysis based on retinotopic localizer
also revealed the trends of the BOLD signal percent change in V3A and
hV4 that well matched with the glossiness level change but not with the
illumination level change, while V1 showed the simple trend caused by
the luminance change.
キーワード (和) 光沢 / 表面特性 / 視知覚 / 視覚野 / fMRI / / /  
(英) glossiness / gloss / surface property / visual perception / visual cortex / fMRI / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 356, HIP2008-138, pp. 83-86, 2008年12月.
資料番号 HIP2008-138 
発行日 2008-12-11 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2008-138

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2008-12-18 - 2008-12-19 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) RIEC 
テーマ(和) マルチモーダル・感性情報処理の基礎と応用,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2008-12-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) fMRIによる光沢知覚に関わる脳活動部位の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) fMRI analysis on human brain areas involved in glossiness perception 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光沢 / glossiness  
キーワード(2)(和/英) 表面特性 / gloss  
キーワード(3)(和/英) 視知覚 / surface property  
キーワード(4)(和/英) 視覚野 / visual perception  
キーワード(5)(和/英) fMRI / visual cortex  
キーワード(6)(和/英) / fMRI  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 充史 / Atsushi Wada / ワダ アツシ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/国際電気通信基礎技術研究所 (略称: NICT/ATR)
National Institute of Information and Communications Technology/Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: NiCT/ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂野 雄一 / Yuichi Sakano / サカノ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/国際電気通信基礎技術研究所 (略称: NICT/ATR)
National Institute of Information and Communications Technology/Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: NiCT/ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 広志 / Hiroshi Ando / アンドウ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/国際電気通信基礎技術研究所 (略称: NICT/ATR)
National Institute of Information and Communications Technology/Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: NiCT/ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-12-18 19:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 HIP 
資料番号 HIP2008-138 
巻番号(vol) vol.108 
号番号(no) no.356 
ページ範囲 pp.83-86 
ページ数
発行日 2008-12-11 (HIP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会