お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-24 09:30
MRIによる冠動脈検査に向けた静止相の自動決定法の改善
釆野一鷹佐藤哲大奈良先端大)・岡田知久京大医学部附属病院)・久原重英東芝メディカルシステムズ)・富樫かおり京大)・湊 小太郎奈良先端大MBE2008-84
抄録 (和) 心臓の冠動脈の検査として現在主流となっているのは胸部CT検査であるが、放射線被曝と造影剤の副作用が問題となっている。そこで、これらの問題がないMRIを使った冠動脈検査に期待が寄せられている。しかし良好な画像を得るためには心臓の静止相を見つける必要があり、現状では、放射線技師が静止相を見つけるまでのいくつかの作業を手動で行っているため、検査時間が非常に長くなってしまう問題がある。先行研究において採られていた静止相の自動決定の手法は、シネ画像の各フレーム間の輝度値の総和の差分をもとにしていたが、冠動脈自体の動きを見ていないので信頼性に欠けていた等改善すべき点が見受けられた。そこで本研究では先行研究の改善を目的とし、本稿では、テンプレートマッチングにより冠動脈を全フレームにおいて抽出することで各フレーム間の冠動脈の動きを追跡し、冠動脈の動きの少ないフレームを静止相とする手法等を提案し、実装した結果について報告する。 
(英) The purpose of this study is to improve an automated method without user interaction for selecting optimal data acquisition window in coronary MRA. One of the major problems of magnetic resonance coronary angiography (MRCA) is the effective suppression of coronary motion due to respiration and cardiac contraction. To compensate for cardiac movement, data acquisition is generally limited to the coronary artery rest period mainly found during end-diastole. End-diastole is called cardiac rest period. Generally, cardiac rest period is decided by operator. Therefore it is subjective, and requires much experiences. We already proposed a method that is based on the extraction of intensive change regions and the calculation of the correlation coefficient. As for setting region of interest including right coronary, there are still several errors. To improve the accuracy, we propose a new method to determine cardiac rest period based on the tracking of right coronary directly and show the results.
キーワード (和) 冠動脈MRA / 拡張末期 / 静止相 / テンプレートマッチング / / / /  
(英) magnetic resonance coronary angiography / end-diastole / cardiac rest period / template matching / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 405, MBE2008-84, pp. 37-42, 2009年1月.
資料番号 MBE2008-84 
発行日 2009-01-16 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2008-84

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2009-01-23 - 2009-01-24 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga University 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2009-01-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MRIによる冠動脈検査に向けた静止相の自動決定法の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of automatic cardiac rest period determination for coronary MRA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 冠動脈MRA / magnetic resonance coronary angiography  
キーワード(2)(和/英) 拡張末期 / end-diastole  
キーワード(3)(和/英) 静止相 / cardiac rest period  
キーワード(4)(和/英) テンプレートマッチング / template matching  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 釆野 一鷹 / Kazutaka Uneno / ウネノ カズタカ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: Nara Inst. of Scie and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 哲大 / Tetsuo Sato / サトウ テツオ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: Nara Inst. of Scie and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 知久 / Tomohisa Okada / オカダ トモヒサ
第3著者 所属(和/英) 京都大学医学部付属病院 (略称: 京大医学部附属病院)
Kyoto University Hospital (略称: Kyoto Univ. Hosp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久原 重英 / Shigehide Kuhara / クハラ シゲヒデ
第4著者 所属(和/英) 東芝メディカルシステムズ株式会社 (略称: 東芝メディカルシステムズ)
Toshiba Medical Systems Corporation (略称: Toshiba Medical Systems Co.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 富樫 かおり / Kaori Togashi / トガシ カオリ
第5著者 所属(和/英) 京都大学大学院医学研究科 (略称: 京大)
Graduate School of Medicine Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 湊 小太郎 / Kotaro Minato / ミナト コタロウ
第6著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: Nara Inst. of Scie and Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2009-01-24 09:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MBE 
資料番号 MBE2008-84 
巻番号(vol) vol.108 
号番号(no) no.405 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数
発行日 2009-01-16 (MBE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会