お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-04 15:45
時系列高さ画像を用いた車載カメラ画像と建物モデル間の対応付け及びテクスチャマッピング手法の提案
王 金戈小野晋太郎池内克史東大ITS2008-52 IE2008-222
抄録 (和) 新しい市街地の実画像と住宅地図との位置あわせ手法として,時系列高さ画像を用いたDPマッチング手法を提案する.時系列高さ画像(Temporal Height Image, THI)とは,各画像に空が映っているような市街地の連続画像列(時空間ボリューム)において,対象物の色でなく,高さを表す輝度値を与えた状態でボリュームを上方から見た画像であり,主に道路に沿って撮影した市街地画像などへの適用を想定している.本画像は従来から知られたEPI(エピポーラ平面画像)に似た概念であるが,EPIではエッジ処理などにより対象物の境界を安定に抽出することが容易でないのに対し,本画像では対象の高さ情報を有効に利用することでそのような欠点を克服できる.本論文では市街地の実画像と既存の三次元都市モデルからTHIを構築し,DPマッチング との組み合わせで両者の位置合わせを行った.その後,マッチングの結果を用いて,建物モデルへのテクスチャマッピングを試た. 
(英) We propose a new expression of space-time image which is called ``Temporal Height Image(THI)''. Assigning a gray value which is in proportion as height to all objects in the space-time volume, we can get THI by looking at the space-time volume above. THI is supposed to be used at urban area mainly. The THI has similar concept as EPI(Epipolar Plane Image), whereas, EPI can't extract edge of object stably. Here, THI can overcome the shortage of EPI by using height of buildings effectively. In this paper, we constructed THIs from actual urban image and 3D-city model, and then aligned these two THIs by DP-matching to
verify the effectivity of THI. Then, using the matching result, we tried taking texture mapping onto building models.
キーワード (和) 時系列高さ画像 / エピポーラ平面画像 / DPマッチング / 三次元住宅地図 / テクスチャマッピング / / /  
(英) Temporal Height Image / Epipolar Plane Image / DP Matching / 3D House Map / Texture Mapping / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 424, ITS2008-52, pp. 103-108, 2009年2月.
資料番号 ITS2008-52 
発行日 2009-01-28 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2008-52 IE2008-222

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-HI ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2009-02-04 - 2009-02-05 
開催地(和) 北海道大学大学院 情報科学研究科 
開催地(英) Graduate School of Information Science and Technology Hokkaido Univ 
テーマ(和) ITS画像処理,映像メディアおよび一般 
テーマ(英) Image Processings for ITS, Visual Media Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2009-02-IE-ITS-HI-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時系列高さ画像を用いた車載カメラ画像と建物モデル間の対応付け及びテクスチャマッピング手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Matching On-vehicle Image and Building Model by Temporal Height Image and Proposal of Texture Mapping 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 時系列高さ画像 / Temporal Height Image  
キーワード(2)(和/英) エピポーラ平面画像 / Epipolar Plane Image  
キーワード(3)(和/英) DPマッチング / DP Matching  
キーワード(4)(和/英) 三次元住宅地図 / 3D House Map  
キーワード(5)(和/英) テクスチャマッピング / Texture Mapping  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 金戈 / Jinge Wang / ワン ジング
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 晋太郎 / Shintaro Ono / オノ シンタロウ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池内 克史 / Katsushi Ikeuchi / イケウチ カツシ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2009-02-04 15:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ITS 
資料番号 ITS2008-52, IE2008-222 
巻番号(vol) vol.108 
号番号(no) no.424(ITS), no.425(IE) 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数
発行日 2009-01-28 (ITS, IE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会