お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-06-03 10:15
船内電力線線路の遅延及び減衰特性
石井誠一郎都築伸二愛媛大)・西岡 潤渦潮電機)・山田芳郎愛媛大WBS2009-1
抄録 (和) 電力線通信技術の産業用途の一つとして,船内LANがある.
本稿では,船舶内居住区の100V系統(4隻)および冷凍コンテナ船の440V系統(2隻)で調査した伝達関数から遅延プロファイルを求め,遅延特性を評価している.
その結果遅延特性は,ケーブル長と分電盤内部の遅延スプレッドをパラメータとする一次関数で近似できることを述べている.
また,遅延時間の累積分布を求め,船舶で使用する場合の,OFDM方式のガードインターバル値について検討している.
さらに,減衰特性の近似式をもとに,コモンモード伝送がディファレンシャルモードよりも有理になる領域を明らかにしている. 
(英) Power-line Communication(PLC) based local area network(LAN) in ships are one of the promising applications of the PLC technology.
In this paper, the delay profiles have been analyzed from the transfer function of 100V power-line channels of residence area in ships and that of 440V power-line channels for reefer containers, which had been measured by the authors.
It was found that the characteristics of the delay spread were able to
be approximated by a liner function of which the parameters were the
length of cable and the delay spread in distribution panels.
The cumulative distribution of delay time has also been calculate, and
the required guard-interval value for the OFDM system in ships has been
shown.
In addition, the area where the signal attenuation of common-mode transmission becomes less than that of differential-mode has been studied from the channel model of attenuation.
キーワード (和) 電力線通信 / 船内PLC / 遅延スプレッド / コモンモード伝送 / ディファレンシャルモード / / /  
(英) power-line communication / PLC in ships / delay spread / common-mode transmission / differential mode / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 71, WBS2009-1, pp. 1-6, 2009年6月.
資料番号 WBS2009-1 
発行日 2009-05-27 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2009-1

研究会情報
研究会 SAT WBS  
開催期間 2009-06-03 - 2009-06-03 
開催地(和) KDDI研究所 
開催地(英) KDDI R&D Laboratories 
テーマ(和) 符号化,変復調・信号処理技術および一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Digital Proccessing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2009-06-SAT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 船内電力線線路の遅延及び減衰特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Delay and Attenuation Characteristics of Power-Line Channels in Ships 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電力線通信 / power-line communication  
キーワード(2)(和/英) 船内PLC / PLC in ships  
キーワード(3)(和/英) 遅延スプレッド / delay spread  
キーワード(4)(和/英) コモンモード伝送 / common-mode transmission  
キーワード(5)(和/英) ディファレンシャルモード / differential mode  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 誠一郎 / Seiichiro Ishii / イシイ セイイチロウ
第1著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 都築 伸二 / Shinji Tsuzuki / ツヅキ シンジ
第2著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西岡 潤 / Jun Nishioka / ニシオカ ジュン
第3著者 所属(和/英) 渦潮電機株式会社 (略称: 渦潮電機)
UZUSHIO ELECTRIC CO., LTD. (略称: UZUSHIO ELECTRIC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 芳郎 / Yoshio Yamada / ヤマダ ヨシオ
第4著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2009-06-03 10:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WBS 
資料番号 WBS2009-1 
巻番号(vol) vol.109 
号番号(no) no.71 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2009-05-27 (WBS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会