お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-04 10:20
離散時間力学系を用いた白黒濃淡画像のマルチスケール化とその動的画像領域分割
藤本憲市武藏美緒吉永哲哉徳島大NLP2009-53
抄録 (和) 著者らが提案している離散時間カオス・ニューロン結合系は,近傍カオス・ニューロン間の結合強度を適切に設定することで2値画像に対する動的画像領域分割システムとして機能する.本稿では,本動的画像領域分割システムの白黒濃淡画像への適用を検討する.白黒濃淡画像の領域分割においては,分割対象の画像領域(濃淡連結成分)を如何にして求めるかが問題となる.そしてそれは近傍カオス・ニューロン間の結合強度を決定する問題と等価になる.この問題に対し,離散時間ダイナミクスに基づいて濃度値を自律的に数個の値に集約する方法(マルチスケール化法)の適用を試みる.このシステムは,同時に,隣接画素間の連結関係も計算できる特徴を有する.また,マルチスケール化システムとカオス・ニューロン結合系の併用システムが,白黒濃淡画像に対してうまく機能することを示す. 
(英) The authors have proposed a discrete-time coupled system consisting of chaotic neurons and a global inhibitor. We demonstrated that by arranging adequate couplings between adjacent chaotic neurons, it works well as a dynamic image segmentation system for a binary image. In this paper, we improve our system so that it can work for a gray level image. In segmentation of a gray level image, to find an image region with different gray levels is fundamental. As a pre-processing of our system, we consider using a multi-scaling system, which consists of a discrete-time dynamical system, for gray levels. The system can concurrently compute whether adjacent pixels with different gray levels are coupled. We demonstrate that the combined system consisting of the two discrete-time dynamical systems works well to an example that dynamically segments a gray level image.
キーワード (和) カオス・ニューロン結合系 / 白黒濃淡画像 / 濃度値のマルチスケール化 / 動的画像領域分割 / / / /  
(英) coupled chaotic neurons / gray level image / multi-scaling of gray levels / dynamic image segmentation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 167, NLP2009-53, pp. 49-52, 2009年8月.
資料番号 NLP2009-53 
発行日 2009-07-27 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2009-53

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2009-08-03 - 2009-08-04 
開催地(和) ヨンデンプラザ中村(高知県中村市) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2009-08-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 離散時間力学系を用いた白黒濃淡画像のマルチスケール化とその動的画像領域分割 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-Scaling of Gray Level Image and its Dynamic Image Segmentation Using Discrete-time Dynamical Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス・ニューロン結合系 / coupled chaotic neurons  
キーワード(2)(和/英) 白黒濃淡画像 / gray level image  
キーワード(3)(和/英) 濃度値のマルチスケール化 / multi-scaling of gray levels  
キーワード(4)(和/英) 動的画像領域分割 / dynamic image segmentation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 憲市 / Ken'ichi Fujimoto / フジモト ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武藏 美緒 / Mio Musashi / ムサシ ミオ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉永 哲哉 / Tetsuya Yoshinaga / ヨシナガ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-04 10:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NLP 
資料番号 NLP2009-53 
巻番号(vol) 109 
号番号(no) no.167 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数
発行日 2009-07-27 (NLP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会