お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-20 13:30
モデル検査を用いたコンセンサスアルゴリズムの合意性検証
野口達也土屋達弘菊野 亨阪大DC2009-26
抄録 (和) コンセンサスは,分散システムの耐故障性実現にかかわる本質的な問題である.この問題を解くコンセンサスアルゴリズムの状態空間の大きさは多くの場合無限であり,状態探索に基づくモデル検査では完全な検証は困難であった.本研究では,モデル検査の適用範囲を単一ラウンドのみに限定し,そこで得られた結果とアルゴリズムの性質を利用して,合意性という主要な性質が任意のラウンドで成り立つことを検証する手法を提案する.さらに,いくつかのコンセンサスアルゴリズムに対して適用実験を行い,アルゴリズムの全状態空間を考慮した検証が可能なことを示す. 
(英) This paper proposes a formal verification approach that can be applied to a class of distributed fault-tolerant protocols, namely, asynchronous consensus protocols. The proposed approach can be used to verify these protocols against agreement, the key safety property of this class of protocols. An asynchronous consensus protocol executes unbounded asynchronous rounds, and thus has a huge, often infinitely large state space. Because of this property, model checking, a widely used verification method using state exploration, is not directly applicable. In our approach, model checking is only applied to a single round of a protocol at a time, and thus the state explosion problem can be circumvented. As case studies, we verify two consensus protocols using this approach.
キーワード (和) コンセンサス / 耐故障分散システム / モデル検査 / / / / /  
(英) consensus protocols / fault-tolerant distributed system / model checking / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 238, DC2009-26, pp. 25-30, 2009年10月.
資料番号 DC2009-26 
発行日 2009-10-13 (DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DC2009-26

研究会情報
研究会 DC  
開催期間 2009-10-20 - 2009-10-20 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ネットワーク環境でのディペンダビリティ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2009-10-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モデル検査を用いたコンセンサスアルゴリズムの合意性検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Model Checking-Based Agreement Verification of Consensus Algorithms 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンセンサス / consensus protocols  
キーワード(2)(和/英) 耐故障分散システム / fault-tolerant distributed system  
キーワード(3)(和/英) モデル検査 / model checking  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 達也 / Tatsuya Noguchi / ノグチ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 達弘 / Tatsuhiro Tsuchiya /
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊野 亨 / Tohru Kikuno /
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-20 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 DC 
資料番号 DC2009-26 
巻番号(vol) 109 
号番号(no) no.238 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数
発行日 2009-10-13 (DC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会