お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-23 10:25
高導電性ポリマー陽極上に作製した低分子有機EL素子の発光特性と劣化過程
白木秀憲近畿大)・梶井博武阪大)・林 光澤近畿大)・大森 裕阪大OME2009-41 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2009-41
抄録 (和) 陽極材料として高導電性ポリマー poly(3,4-etylenedioxythiophene)-polystyrenesulfonic acid (PEDOT:PSS) を用いた有機EL素子の作製および検討を行った。その結果,不均一ではあるが最大輝度9000 cd/m2,最大効率2.6 cd/A の発光を得た.その素子を5000cd/m2で発光させたときの輝度が半減する寿命は1時間であった。さらにポリマー電極上にウェットプロセスによりmethoxy-substituted1,3,5-tris [4-(diphennylamino)phenyl]benzene (TDAPB) を積層することで,ポリマー電極表面の粗さが改善され,発光面の均一性および素子の効率が向上(最大効率3.3 cd/A) した.またpoly(2,7-(9,9-di-n-octylfluorene)-alt- (1,4-phenylene-((4-sec-butylphenyl)imino-1,4-phenylene)))(TFB)を積層することにより最大輝度と効率が向上(最大輝度 15000 cd/m2, 最大効率 4.4 cd/A)し,さらに素子寿命も大幅に改善することを見出した.さらに素子を劣化させたときのキャパシタンスを測定した結果,積層なし,TFB積層素子では劣化と共にキャパシタンスが増加したのに対し,TDAPB積層素子はキャパシタンスが増加することを確認した. 
(英) Low molecular organic light-emitting devices with highly-conducting polymer poly(3,4- etylenedioxythiophene)- polystyrenesulfonic acid (PEDOT:PSS) as anode were fabricated and investigated. The maximum Luminance of 9000 cd/m2 and maximum efficiency of 2.6 cd/A were obtained, but the emission wasn’t even across the light-emitting area. By fabricating methoxy-substituted 1,3,5-tris [4-(diphennylamino)phenyl]benzene (TDAPB) on the polymer anode by wet processing, the evenness of the light- emitting area and the device characteristics were improved because of the improvement of the roughness of the anode surface. For poly(2,7-(9,9-di-n-octylfluorene) -alt-(1,4-phenylene-((4-sec-butylphenyl)imino-1,4-phenylene)))(TFB) as a hole injection layer by wet processing the device characteristics were improved. The max luminance of 15000 cd/m2, the max efficiency of 4.4 cd/A wrer achieved. Especially, the device’s lifetime was markedly improved. The capacitance characteristics with degradation were measured. With degradation capacitance peaks of PEDOT or PEDOT/TFB device was decreased. But that of PEDOT/TFB device was increased.
キーワード (和) 有機EL / ポリマー電極 / PEDOT:PSS / 寿命 / TFB / / /  
(英) organic light-emitting diode / polymer anode / PEDOT:PSS / life time / TFB / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 251, OME2009-41, pp. 7-11, 2009年10月.
資料番号 OME2009-41 
発行日 2009-10-16 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2009-41 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2009-41

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2009-10-23 - 2009-10-23 
開催地(和) 中央電気倶楽部 214号室 
開催地(英) Chuo-Denki-Club, ROOM 213 
テーマ(和) 有機材料・一般 
テーマ(英) Organic Materials and Others related to OME activity 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2009-10-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高導電性ポリマー陽極上に作製した低分子有機EL素子の発光特性と劣化過程 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Light emitting characteristics and degradation process of low molecular organic light-emitting diodes using highly-conductive polymer anode 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 有機EL / organic light-emitting diode  
キーワード(2)(和/英) ポリマー電極 / polymer anode  
キーワード(3)(和/英) PEDOT:PSS / PEDOT:PSS  
キーワード(4)(和/英) 寿命 / life time  
キーワード(5)(和/英) TFB / TFB  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白木 秀憲 / Hidenori Shiroki / シロキ ヒデノリ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki Uneversity (略称: Kinki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶井 博武 / Hirotake Kajii / カジイ ヒロタケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 光澤 / Kotaku Hayashi / ハヤシ コウタク
第3著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki Uneversity (略称: Kinki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大森 裕 / Yutaka Ohmori / オオモリ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2009-10-23 10:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 OME 
資料番号 OME2009-41 
巻番号(vol) vol.109 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数
発行日 2009-10-16 (OME) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会