お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-01 17:10
「科学技術倫理と知的財産権」のe-Lecture開発
森本容介放送大)・鈴木一史柳沼良知高橋秀明児玉晴男放送大/総研大SITE2009-55 IA2009-107
抄録 (和) 科学技術倫理と知的財産権は,学術研究を行う者とって必須の知識である.研究者を志す大学院生を対象に,これらを総合的に理解させるためのカリキュラムを開発した.提案内容に基づき実際に講義を行い,その模様を撮影した映像と講義で使用したスライドから電子教材を開発した.その際,倫理と知的財産権に配慮したコンテンツを製作するために必要なシステムについて考察した. 
(英) Ethics of science and technology, and intellectual property are indispensable knowledge for those involved in the academic research. A curriculum has been developed in order for post graduate students hoping to become researcher to have a comprehensive understanding of them. The actual lectures were given based on the suggested content, which was filmed, and then, that movie and the slides used during the lectures were used to develop learning objects. Along its way, we discussed about required system in order to produce such content that is conscious of ethics and intellectual property.
キーワード (和) 科学技術倫理 / 著作権 / 知的財産権 / オーサリングツール / コンテンツ開発 / / /  
(英) Ethics of Science and Technology / Copyright / Intellectual Property / Authoring Tools / Content Development / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 437, SITE2009-55, pp. 141-145, 2010年3月.
資料番号 SITE2009-55 
発行日 2010-02-22 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2009-55 IA2009-107

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2010-03-01 - 2010-03-02 
開催地(和) 作並温泉一の坊(宮城県) 
開催地(英)  
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2010-03-IA-SITE-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 「科学技術倫理と知的財産権」のe-Lecture開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of the e-Lecture of "Ethics of science and technology, and intellectual property" 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 科学技術倫理 / Ethics of Science and Technology  
キーワード(2)(和/英) 著作権 / Copyright  
キーワード(3)(和/英) 知的財産権 / Intellectual Property  
キーワード(4)(和/英) オーサリングツール / Authoring Tools  
キーワード(5)(和/英) コンテンツ開発 / Content Development  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 容介 / Yosuke Morimoto / モリモト ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 放送大学 (略称: 放送大)
The Open University of Japan (略称: The Open Univ. of Japan)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 一史 / Motofumi Suzuki / スズキ モトフミ
第2著者 所属(和/英) 放送大学/総合研究大学院大学 (略称: 放送大/総研大)
The Open University of Japan/The Graduate University for Advanced Studies (略称: The Open Univ. of Japan/The Graduate Univ. for Advanced Studies)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳沼 良知 / Yoshitomo Yaginuma / ヤギヌマ ヨシトモ
第3著者 所属(和/英) 放送大学/総合研究大学院大学 (略称: 放送大/総研大)
The Open University of Japan/The Graduate University for Advanced Studies (略称: The Open Univ. of Japan/The Graduate Univ. for Advanced Studies)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 秀明 / Hideaki Takahashi / タカハシ ヒデアキ
第4著者 所属(和/英) 放送大学/総合研究大学院大学 (略称: 放送大/総研大)
The Open University of Japan/The Graduate University for Advanced Studies (略称: The Open Univ. of Japan/The Graduate Univ. for Advanced Studies)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 児玉 晴男 / Haruo Kodama / コダマ ハルオ
第5著者 所属(和/英) 放送大学/総合研究大学院大学 (略称: 放送大/総研大)
The Open University of Japan/The Graduate University for Advanced Studies (略称: The Open Univ. of Japan/The Graduate Univ. for Advanced Studies)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-01 17:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SITE 
資料番号 SITE2009-55, IA2009-107 
巻番号(vol) 109 
号番号(no) no.437(SITE), no.438(IA) 
ページ範囲 pp.141-145 
ページ数
発行日 2010-02-22 (SITE, IA) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会