お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-05 08:50
広域分散コンピューティング環境における電力消費を考慮した性能評価手法
小川祐紀雄日立)・長谷川 剛村田正幸阪大)・西村信治日立IN2009-172
抄録 (和) 大規模データセンタへの情報システムの集約が進むと,より大量のデータが広域ネットワークを介して送受信され,データ転送に費やされるエネルギーが増加する.これに対し,トラヒック削減・局所化機能をもつサーバをネットワーク上に分散配置することで,システム全体での省電力化が可能になる.本稿では,アプリケーション,発生するトラヒック,およびデータ転送を行うためのネットワークを含めたシステム全体のモデルを構築する.また,ルータおよびサーバの電力消費モデルを作成し,システムの電力消費量を定式化する.さらに,分散サーバを設置し転送トラヒックを削減したときの電力消費削減量を評価する.評価の結果,分散サーバ設置数の増加に伴い電力消費量は最大で約20%減少するが,一定台数を超えると,トラヒック削減による電力消費の減少より分散サーバの追加に伴う電力消費の増加の方が大きいため,全体として増加傾向に転じることを示す. 
(英) When information systems are consolidated in a large data center, a huge amount of energy is consumed for transferring massive amounts of data to the data center through a wide area network. Our approach is to reduce the network power consumption by distributing servers capable of reducing or localizing traffic across the network. In this paper, we develop the models of applications, their traffic and a network system for transferring the traffic. We also introduce the models of router’s and server’s energy consumption, and formulate the power consumption caused by the traffic. Then, we evaluate the power consumption reduction as a result of traffic reduction by the distributed servers. Numerical evaluation results show that the whole power consumption reduces by about 20 percent when the more servers are added to the network; it increases due to the server power consumption when a lot of servers are added to the network.
キーワード (和) 広域ネットワーク / トラヒック量削減 / トラヒック局所化 / ネットワーク省電力化 / / / /  
(英) wide area network / traffic reduction / traffic localization / power consumption reduction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 449, IN2009-172, pp. 169-174, 2010年3月.
資料番号 IN2009-172 
発行日 2010-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2009-172

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2010-03-04 - 2010-03-05 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Phoenix Seagaia Resort (Miyazaki) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 4-5) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2010-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広域分散コンピューティング環境における電力消費を考慮した性能評価手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Distributed Computing Environment Considering Power Consumption 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 広域ネットワーク / wide area network  
キーワード(2)(和/英) トラヒック量削減 / traffic reduction  
キーワード(3)(和/英) トラヒック局所化 / traffic localization  
キーワード(4)(和/英) ネットワーク省電力化 / power consumption reduction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 祐紀雄 / Yukio Ogawa / オガワ ユキオ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi, Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 剛 / Go Hasegawa / ハセガワ ゴウ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 信治 / Shinji Nishimura / ニシムラ シンジ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi, Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-05 08:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IN2009-172 
巻番号(vol) 109 
号番号(no) no.449 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数
発行日 2010-02-25 (IN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会