お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-09 08:30
MASH構成を用いたオーバーサンプリング型シグマデルタCNN
平野雅丈上智大)・青森 久東京理科大)・大竹 敢玉川大)・田中 衞上智大NLP2009-157
抄録 (和) シグマデルタセルラーニューラルネットワーク(SD-CNN) はニューロダイナミクスによる空間領域シグマ
デルタ変調のフレームワークであり, シグマデルタ変調の重要な特徴である原信号再構成特性及びノイズシェーピング
特性を持つ. シグマデルタ変調の出力ディジタル列に含まれる量子化ノイズを削減する手法として, オーバーサンプリ
ング下でのノイズシェープが有効であるが, 従来のSD-CNN ではオーバーサンプリング対象が数学的に解明されてい
なかったため, オーバーサンプリングを適用する事が難しかった. 本稿では, SD-CNN のオーバーサンプリング対象を
解明し, さらにオーバーサンプリング型SD-CNN にマルチステージノイズシェーピング(MASH) を導入し, 2 次ノイズ
シェーピング特性を与え, その性能を様々な画像に対して複数のオーバーサンプリング比で行うことで評価する. 実験
結果より, 提案方式は非常に優れたAD 及びDA 性能を持つことが示された. 
(英) The sigma-delta cellular neural network (SD-CNN) is a novel framework of spatial domain sigma-delta modulation
utilizing neuro dynamics. Also, it has signal reconstruction and noise shaping characteristics that are important sigma-delta
properties. Although the noise shaping e ect with the oversampling technique plays very important role for drastic quantization
noise reduction in binary digital sequences, the conventional SD-CNN could not use it e ectively due to the fact that an
oversampling factor of the SD-CNN has been undissolved mathematically. In this paper, a novel SD-CNN with the oversampling
technique having second order noise shaping property by multi-stage noise shaping (MASH) is proposed. Moreover,
the oversampling factor of SD-CNN is demonstrated mathematically. Experimental results of various standard test images in
several oversampling ratios suggest that the proposed oversampling SD-CNN has an excellent AD and DA performance.
キーワード (和) Σ-Δ変調器 / オーバーサンプリング / セルラニューラルネットワーク / 画像再構成 / マルチステージノイズシェーピング / / /  
(英) Σ-Δmodulator / Oversampling / Cellular Neural Network / Image Reconstraction / Multi-stage noise shaping / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 458, NLP2009-157, pp. 1-4, 2010年3月.
資料番号 NLP2009-157 
発行日 2010-03-02 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2009-157

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2010-03-09 - 2010-03-10 
開催地(和) 上智大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2010-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MASH構成を用いたオーバーサンプリング型シグマデルタCNN 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Oversampling Sigma-Delta Cellular Neural Networks using MASH 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Σ-Δ変調器 / Σ-Δmodulator  
キーワード(2)(和/英) オーバーサンプリング / Oversampling  
キーワード(3)(和/英) セルラニューラルネットワーク / Cellular Neural Network  
キーワード(4)(和/英) 画像再構成 / Image Reconstraction  
キーワード(5)(和/英) マルチステージノイズシェーピング / Multi-stage noise shaping  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 雅丈 / Masatake Hirano / ヒラノ マサタケ
第1著者 所属(和/英) 上智大学大学院 (略称: 上智大)
Sophia University graduate school (略称: Sophia Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青森 久 / Hisashi Aomori / アオモリ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大竹 敢 / Tsuyoshi Otake / オオタケ ツヨシ
第3著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 衞 / Mamoru Tanaka / タナカ マモル
第4著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia University (略称: Sophia Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2010-03-09 08:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NLP 
資料番号 NLP2009-157 
巻番号(vol) vol.109 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数
発行日 2010-03-02 (NLP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会