お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-08-10 09:45
耳介形状と正中面上の音像定位の個人差に関する研究
舩橋武雄渡邉祐子柴田滝也浜田晴夫東京電機大EA2010-50
抄録 (和) 本稿では,耳介形状と音像定位の個人差について検討した.我々は実音源を用いて10名の被験者による正中面上の音像定位試験を実施した.定位試験の結果から被験者間の定位能力の個人差を明らかにし,2名の被験者はほとんど音源と音像が一致していない.個人差の程度は回答角度と提示音源角度の間で自乗平均平方根(RMS)を用いて算出された.定位試験に参加した10名を含む72名の耳介形状の計測を実施した.Martin式により計測された10項目に対し主成分分析を適用した.第1主成分は耳介の‘縦軸と突出’因子とみなされた.結果として,第1主成分とRMS値の間で統計的に有意な相関(r = -0.697, P < 0.05)があり,正中面上の音像定位は耳介形状の縦軸及び突出と関連性があることが示された. 
(英) This study examines the relationship between individual differences of sound-localization and anthropometric parameters of the pinna shape. We conducted a localization test for ten subjects by using sound sources on the median plane. The result shows there are inter-subject differences for the localization ability. The degree of response error was quantified by calculation of root-mean-square (RMS) between a presented source angle and a responded one. Ten pinna shape parameters were measured from seventy-two subjects and ten of them were the same subjects as used for the localization test. Principal component analysis was applied for the left pinna shape parameters by using Martin’s method. The first principal component was considered to be a ear length and prominent. This component was compared with the value of response error by the ten subjects. There was a negative significant correlation (r = -0.69, P < 0.05) between the value of response error and the first principal component score. Therefore results of the analysis suggest the possibility that individual differences of localization ability were primarily related to the first principal component of the pinna shape.
キーワード (和) 音像定位 / 耳介形状 / 主成分分析 / 正中面 / 個人差 / / /  
(英) Sound-Localization / Pinna Shape / Principal Component Analysis / Median Plane / Individual Differences / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 171, EA2010-50, pp. 43-46, 2010年8月.
資料番号 EA2010-50 
発行日 2010-08-02 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2010-50

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2010-08-09 - 2010-08-10 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 音響信号処理/聴覚/一般 
テーマ(英) Acoustic Signal Processing, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2010-08-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 耳介形状と正中面上の音像定位の個人差に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relation between pinna shape and individual differences of sound-localization ability on median plane 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音像定位 / Sound-Localization  
キーワード(2)(和/英) 耳介形状 / Pinna Shape  
キーワード(3)(和/英) 主成分分析 / Principal Component Analysis  
キーワード(4)(和/英) 正中面 / Median Plane  
キーワード(5)(和/英) 個人差 / Individual Differences  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩橋 武雄 / Takeo Funabashi / フナバシ タケオ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 祐子 / Yuko Watanabe / ワタナベ ユウコ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 滝也 / Tatsuya Shibata / シバタ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜田 晴夫 / Hareo Hamada / ハマダ ハレオ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2010-08-10 09:45:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 EA 
資料番号 EA2010-50 
巻番号(vol) vol.110 
号番号(no) no.171 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数
発行日 2010-08-02 (EA) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会