お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-04 15:00
[ポスター講演]超矩形による貪欲被覆学習の効率的実装と実データによる性能評価
大内康治中村篤祥工藤峰一北大IBISML2010-72
抄録 (和) 固定された自然数$d$に対し,
軸に平行な有限個の$d$次元超矩形の和集合で
表現される概念クラスが多項式時間PAC学習可能であることは
Blumerらにより示されている\cite{blumer_learnability}.
証明に用いられたアルゴリズムは,
概念に含まれる事例(正例)全体を被覆する超矩形の集合を,
貪欲手続きで求めるというものである.

本稿では,Blumerらのアルゴリズムの効率的な実装について検討する.
また,このアルゴリズムを%構成する超矩形を
実際の$n$クラス識別問題($n \geq 2$)に適用し,
同じく超矩形の和集合を用いる確率的サブクラス法との比較を行う.
UCI機械学習レポジトリのデータセットを用いた実験では,
ほぼ同等の識別性能となりながらも,
貪欲な手法によって生成される超矩形の数が確率的サブクラス法のものよりも少なくなり,
多くのデータで7割以上の削減がみられた, 
(英) Blumer et al. showed that
the class of concepts represented by finite unions
of hyper-rectangles
in $d$-dimensional Euclidean space is polynomial-time PAC learnable
for a fixed natural number $d$.
In their proof, they constructed an algorithm
which conducts a greedy covering of a given positive instances
by hyper-rectangles that never cover any one of given negative instances.

In this paper, we discuss the efficient
implementation of their algorithm.
According to our experimental results on
$n$-class classification problems using UCI datasets,
Blumer's covering algorithm, in most cases,
outputs a hypothesis whose number of component hyper-rectangles
is at most 30\% of that outputed by randomized subclass method (RSM)
using hyper-rectangles as its subclasses
while its classification performance is almost the same as RSM.
キーワード (和) 概念学習 / 貪欲被覆 / 多項式時間PAC学習 / 超矩形 / 識別 / / /  
(英) concept learning / greedy covering / polynomial-time PAC learnable / hyper-rectangle / classification / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 265, IBISML2010-72, pp. 99-104, 2010年11月.
資料番号 IBISML2010-72 
発行日 2010-10-28 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IBISML2010-72

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2010-11-04 - 2010-11-06 
開催地(和) 東大生産研 
開催地(英) IIS, Univ. of Tokyo 
テーマ(和) IBIS 2010 (情報論的学習理論ワークショップ) 
テーマ(英) IBIS 2010 (Workshop on Information-based Induction Sciences) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2010-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超矩形による貪欲被覆学習の効率的実装と実データによる性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficient Implementation of Greedy Cover Learning by Hyper-Rectangles and Its Classification Performance Evaluation Using Real Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 概念学習 / concept learning  
キーワード(2)(和/英) 貪欲被覆 / greedy covering  
キーワード(3)(和/英) 多項式時間PAC学習 / polynomial-time PAC learnable  
キーワード(4)(和/英) 超矩形 / hyper-rectangle  
キーワード(5)(和/英) 識別 / classification  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大内 康治 / Koji Ouchi / オオウチ コウジ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 篤祥 / Atsuyoshi Nakamura / ナカムラ アツヨシ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 峰一 / Mineichi Kudo / クドウ ミネイチ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2010-11-04 15:00:00 
発表時間 180分 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IBISML2010-72 
巻番号(vol) vol.110 
号番号(no) no.265 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数
発行日 2010-10-28 (IBISML) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会