お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-17 09:00
LTE-Advanced上りリンクSC-FDMAにおける2アンテナ送信ダイバーシチ法のチャネル推定誤差を考慮したスループット特性評価
柿島佑一川村輝雄NTTドコモ)・田岡秀和ドコモ欧州研)・中村武宏NTTドコモRCS2010-180
抄録 (和) 本稿では,LTE (Long-Term Evolution)-Advancedの上りリンクSC-FDMA (Single Carrier-Frequency Division Multiple Access)において,共有データチャネルに適用する最適な2アンテナ送信ダイバーシチ法についてスループットの観点から検討を行う.上りリンクでは,ユーザ端末(UE: User Equipment)個別のデータ復調用参照信号 (DM-RS: Demodulation Reference Signal)を用いてチャネル推定を行うため,チャネル推定誤差が各送信ダイバーシチ法により得られる利得に与える影響は下りリンクと異なる.そこで本検討では,リンクおよびシステムレベルシミュレーションにより,様々なUEの移動速度,伝搬モデルを仮定し,DM-RSを用いるチャネル推定を行う場合のチャネル推定誤差を考慮して,閉ループ型送信ダイバーシチ法であるコードブックに基づくプリコーディング,開ループ型送信ダイバーシチ法であるCDD (Cyclic Delay Diversity),PVS (Precoding Vector Switching),STBC (Space-Time Block Code)の適用により実現できるスループット特性を比較評価する.シミュレーション結果より,閉ループ型プリコーディングが,他の送信ダイバーシチ法に比較して優れたスループット特性を示すことを明らかにする.また,チャネル推定誤差に起因して,STBCのスループット特性が他の送信ダイバーシチ法よりも劣化することを示す. 
(英) This paper presents the optimum two-antenna transmit diversity scheme for the uplink shared data channel from the viewpoint of the throughput performance in Long-Term Evolution (LTE)-Advanced using single carrier-frequency division multiple access (SC-FDMA). Since the structure for the user equipment (UE)-specific demodulation reference signal (DM-RS) used for channel estimation is different for each transmit diversity scheme, a comparison of throughput performance taking into account the impact of channel estimation error when the channel estimation is conducted using DM-RS is quite important. Based on link-level and the system-level simulation results, we clarify that closed loop (CL)-precoding achieves better throughput performance compared to the other open loop (OL) type transmit diversity schemes, i.e., cyclic delay diversity (CDD), precoding vector switching (PVS), and space-time block code (STBC), in low-to-high mobility environments in various deployment scenarios. We also show that the performance of STBC is degraded compared to the other transmit diversity schemes due to the severe impact of channel estimation error.
キーワード (和) LTE-Advanced / SC-FDMA / 送信ダイバーシチ / 参照信号 / チャネル推定誤差 / / /  
(英) LTE-Advanced / SC-FDMA / transmit diversity / reference signal / channel estimation error / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 340, RCS2010-180, pp. 127-132, 2010年12月.
資料番号 RCS2010-180 
発行日 2010-12-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2010-180

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2010-12-16 - 2010-12-17 
開催地(和) 岡山大学 
開催地(英) Okayama Univ. 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-Advanced上りリンクSC-FDMAにおける2アンテナ送信ダイバーシチ法のチャネル推定誤差を考慮したスループット特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput Performance Evaluation of Two-Antenna Transmit Diversity Schemes Considering Channel Estimation Error in LTE-Advanced Uplink using SC-FDMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(2)(和/英) SC-FDMA / SC-FDMA  
キーワード(3)(和/英) 送信ダイバーシチ / transmit diversity  
キーワード(4)(和/英) 参照信号 / reference signal  
キーワード(5)(和/英) チャネル推定誤差 / channel estimation error  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿島 佑一 / Yuichi Kakishima / カキシマ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田岡 秀和 / Hidekazu Taoka / タオカ ヒデカズ
第3著者 所属(和/英) ドコモ欧州研究所 (略称: ドコモ欧州研)
DOCOMO Communications Laboratories Europe GmbH (略称: DOCOMO Euro Lab)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 武宏 / Takehiro Nakamura / ナカムラ タケヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2010-12-17 09:00:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2010-180 
巻番号(vol) vol.110 
号番号(no) no.340 
ページ範囲 pp.127-132 
ページ数
発行日 2010-12-09 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会