お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-02-18 14:30
物体検出のための確率的背景テクスチャモデリング
吉永諭史島田敬士長原 一谷口倫一郎九大PRMU2010-232
抄録 (和) 本稿では,背景テクスチャの形状を考慮した動的背景モデルの構築法について述べる.従来研究では,過去の観測に基づき画素単位で輝度値の観測頻度を確率的にモデル化する画素レベルの背景モデルや,注目画素とその周辺画素の明度の大小関係をモデル化する領域レベルの背景モデルが提案されてきた.しかし,前者は照明変動等に起因する急激な輝度値変化に対応できない,後者は木や水面の揺れなどに起因するテクスチャ変化に対応できないという問題があった.このような問題を解決するために本稿では,背景のテクスチャに基づいた局所的な特徴を確率的な枠組みでモデル化することで,画素レベルと領域レベル両方の性質を併せ持つ新しい背景モデルを提案する. 
(英) We propose a new method of background modeling, which is considering the background texture, to detect objects. Many background models have been previously proposed, and they are divided into two types: “pixel-based models” which model stochastic changes in the value of each pixel and “spatial-based models”which model a local texture around each pixel. Pixel-based models cannot adapt to sudden change of pixel value caused by sudden illumination change and so on. On the contrary, spatial-based models cannot deal with texture changes such as a movement of clouds, trees, etc. To solve these problems, we propose a new probabilistic background model using local futures based on textures of the background.
キーワード (和) 動的背景モデル / 背景差分 / 照明変化 / 混合ガウス分布 / Radial Reach Filter / / /  
(英) Adaptive background model / Background Subtraction / Illumination change / Gaussian Mixture Model / Radial Reach Filter / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 414, PRMU2010-232, pp. 153-158, 2011年2月.
資料番号 PRMU2010-232 
発行日 2011-02-10 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2010-232

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2011-02-17 - 2011-02-18 
開催地(和) 埼玉大 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像処理とTRECVID 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2011-02-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 物体検出のための確率的背景テクスチャモデリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Probabilistic Background Texture Modeling for Object Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動的背景モデル / Adaptive background model  
キーワード(2)(和/英) 背景差分 / Background Subtraction  
キーワード(3)(和/英) 照明変化 / Illumination change  
キーワード(4)(和/英) 混合ガウス分布 / Gaussian Mixture Model  
キーワード(5)(和/英) Radial Reach Filter / Radial Reach Filter  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉永 諭史 / Satoshi Yoshinaga / ヨシナガ サトシ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 敬士 / Atsushi Shimada / シマダ アツシ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長原 一 / Hajime Nagahara / ナガハラ ハジメ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 倫一郎 / Rin-ichiro Taniguchi / タニグチ リンイチロウ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2011-02-18 14:30:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 PRMU2010-232 
巻番号(vol) vol.110 
号番号(no) no.414 
ページ範囲 pp.153-158 
ページ数
発行日 2011-02-10 (PRMU) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会