お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-20 15:25
GPS信号地表反射波の偏波特性を利用したリモートセンシングの実験的評価
加藤竜太東大)・齋藤宏文福田盛介JAXASANE2011-14
抄録 (和) GPSリモートセンシングとは、GPS衛星を信号の送信機として用いるリモートセンシング手法である。その現状としては、GPSからの直接波と測定対象物によって反射を受けた間接波との間で起こる干渉を利用する方法が一般的である。本稿では、従来の手法に対して、電波がもつ偏波の情報を付加的情報として用いる方法を議論する。また、干渉を用いる従来手法では、アンテナの利得によって干渉の様子が大きく変化するため、定式化が難しいなどの問題がある。そこで、干渉を用いず、強度測定のみで反射波の偏波特性を解析する手法を提案する。この新たな手法の実現に先駆けて、従来手法を用いて仮設土壌架台を使った実験を行ったため、その成果を報告し、今後の実験計画について言及する。 
(英) GPS remote sensing is a methodology in which GPS satellites are applied for signal transmitters. In GPS remote sensing, most of past studies are based on the interference strategy which uses interactions between direct signals from GPS and reflected signals on soil surface. We discuss in this study about introducing polarization information of signals as additional information for retrieving features of the sensing object. Then, a new method is raised for solving several problems of the interference method, such problems as high dependency of the antenna gain. The new method uses the polarization state of reflected signals which can be identified only by signal power measurements. In the following section, it is reported about our experiments by the interference method in advance of introducing the new method.
キーワード (和) GPS / 干渉 / SNR / 偏波特性 / 土壌水分 / ラフネス / /  
(英) GPS / interference / SNR / polarization state / soil moisture / roughness / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 52, SANE2011-14, pp. 25-30, 2011年5月.
資料番号 SANE2011-14 
発行日 2011-05-13 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2011-14

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2011-05-20 - 2011-05-20 
開催地(和) 防衛大学校 
開催地(英) National Defense Academy of Japan 
テーマ(和) リモートセンシング及び一般 
テーマ(英) Remote sensing and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2011-05-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GPS信号地表反射波の偏波特性を利用したリモートセンシングの実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental study for remote sensing using polarimetric features of GPS signals reflected on soil surface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPS / GPS  
キーワード(2)(和/英) 干渉 / interference  
キーワード(3)(和/英) SNR / SNR  
キーワード(4)(和/英) 偏波特性 / polarization state  
キーワード(5)(和/英) 土壌水分 / soil moisture  
キーワード(6)(和/英) ラフネス / roughness  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 竜太 / Ryuta Kato / カトウ リュウタ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 宏文 / Hirobumi Saito / サイトウ ヒロブミ
第2著者 所属(和/英) 宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 盛介 / Seisuke Fukuda / フクダ セイスケ
第3著者 所属(和/英) 宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2011-05-20 15:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SANE 
資料番号 SANE2011-14 
巻番号(vol) vol.111 
号番号(no) no.52 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数
発行日 2011-05-13 (SANE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会