お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-07 13:00
[招待講演]ホームICTサービスの実現に向けて
下村知叙原田素子宮奥健人宮武 隆宮本 勝NTTICM2011-8
抄録 (和) 家庭内のあらゆる機器がネットワークに繋がることで,「意識して使う」サービスから,生活の中に溶け込んで空気のように,「いつの間にか使っている」サービスへと進み,世界最先端の通信インフラが,nonPC層の生活へも染み込んで,当たり前のように生活を豊かにしていく,そんな人に優しいサービスを「ホームICTサービス」と呼び,我々はこれを推進すべく活動している
私たちの進めるホームICTサービスは,お客様ユーザ宅におかれるホームゲートウェイのリソースをサービス事業者と共有する,今までにない(ハイブリッド型の)ビジネスモデルを可能とする.このためまずは,端末やサービス提供回線の多様化にも対応できる共通基盤を開発した。 
(英) We are promoting user-friendly services called "Home-ICT services" and a platform system that the services rely on. “Home-ICT” offer rich and convenient home services, such as SMAs(Home Security, Management and Automation), to all users including low-ICT-literacy users by using a wide variety of devices connected to a home network and the world's most advanced ICT infrastructure.
In this report, we introduce our business concept of Home-ICT services that enables multiple service providers to share a carrier’s platform ( including customer's HGW (Home Gateway) in his/her home). And we also illustrate a platform system we've developed. To realize our goal, this system accepts various consumer devices and various networks based on the OSGi standard.
キーワード (和) ホームICT / ホームネットワーク / ホームゲートウェイ / SMA / OSGi / / /  
(英) Home ICT / Home Network / Home Gateway / SMA / OSGi / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 118, ICM2011-8, pp. 1-4, 2011年7月.
資料番号 ICM2011-8 
発行日 2011-06-30 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2011-8

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2011-07-07 - 2011-07-08 
開催地(和) 飛騨地域地場産業振興センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 管理機能、理論・運用方法論、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2011-07-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホームICTサービスの実現に向けて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Toward the realization of the Home ICT services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホームICT / Home ICT  
キーワード(2)(和/英) ホームネットワーク / Home Network  
キーワード(3)(和/英) ホームゲートウェイ / Home Gateway  
キーワード(4)(和/英) SMA / SMA  
キーワード(5)(和/英) OSGi / OSGi  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 下村 知叙 / Tomonobu Shimomura / シモムラ トモノブ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 素子 / Motoko Harada / ハラダ モトコ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮奥 健人 / Kento Miyaoku / ミヤオク ケント
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮武 隆 / Takashi Miyatake / ミヤタケ タカシ
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 勝 / Masaru Miyamoto / ミヤモト マサル
第5著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2011-07-07 13:00:00 
発表時間 40分 
申込先研究会 ICM 
資料番号 ICM2011-8 
巻番号(vol) vol.111 
号番号(no) no.118 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数
発行日 2011-06-30 (ICM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会