お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-09-09 14:50
携帯端末を用いた個人認証システムの提案
山越公洋山本英朗森田哲之菅沼 毅NTTISEC2011-29
抄録 (和) ICカードを用いた個人認証システムとして公的ICカードを利用したサービスが自治体によって導入され、本人性の確認や確定申告等などの本人性の保証が必要となる重要文書の作成に利用されている。一方、携帯端末を用いてICカードと同等の個人認証の機能を提供できれば利便性が向上すると期待できる。本稿では、検討対象として厳密な本人情報を扱うICカードの代表である公的ICカードをひとつのモデルケースとして定め、ICカードと同等の信頼性の本人証明サービスを携帯端末により実現するために、公的ICカードのような厳密な本人証明が可能な本人証明サービスと携帯端末を用いた簡易な本人証明サービス間の連携について検討した。本人性を保証する手段としてICカードと携帯端末の署名を本人情報に付与し、本人情報の不正利用を防止するためにユニークID(電話番号)により携帯端末を管理する方法を提案する。提案方式をAndroid OSで動作するNFC機能付きスマートフォンへ実装するための基本検討をおこない、必要なセキュリティ機能がオープンソースライブラリを用いて実装可能である見通しを得た。 
(英) A personal identification system with IC-card is introduced in a local government and used for making important public documents such as tax return which requires to guarantee personal identification. On the other hands, personal identification services using mobile-phone can be expected that it will make our life more convenient. In this paper, we focused on the public IC-card as a sample of strict identification and studied the method to realize reliable identification system with mobile-phone. We studied the cooperation of management between the IC-card for strict identification and the mobile-phone for simple identification. In our method, information of IC-card with its signature is copied to mobile-phone and is used to certificate an identification with mobile phone’s signature. Unique ID (phone number) is also introduced to prevent illegal re-use of personal information. The result of the basic research for implementation of the proposed method to the smart phone operated on Android OS shows that the required secure functions can be realized on the smart phone using open source libraries.
キーワード (和) 個人認証 / 署名 / ICカード / 携帯電話 / / / /  
(英) identification / Signature / IC-card / mobile-phone / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 204, ISEC2011-29, pp. 17-24, 2011年9月.
資料番号 ISEC2011-29 
発行日 2011-09-02 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2011-29

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2011-09-09 - 2011-09-09 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2011-09-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 携帯端末を用いた個人認証システムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A proposal of identification system using mobile phone 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 個人認証 / identification  
キーワード(2)(和/英) 署名 / Signature  
キーワード(3)(和/英) ICカード / IC-card  
キーワード(4)(和/英) 携帯電話 / mobile-phone  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山越 公洋 / Kimihiro Yamakoshi / ヤマコシ キミヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 英朗 / Hideaki Yamamoto / ヤマモト ヒデアキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 哲之 / Tetsushi Morita / モリタ テツシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅沼 毅 / Takeshi Suganuma / スガヌマ タケシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-09-09 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 ISEC2011-29 
巻番号(vol) 111 
号番号(no) no.204 
ページ範囲 pp.17-24 
ページ数
発行日 2011-09-02 (ISEC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会