お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-09 14:05
分岐理論を用いたE級増幅器におけるスイッチング状態の分布
永島和治魏 秀欽千葉大)・高坂拓司大分大)・関屋大雄千葉大NLP2011-100
抄録 (和) 本論文では,E級増幅器における解析的なスイッチング状態の分布を示す.スイッチング状態の分布を得るため,電圧と電流の厳密な波形式,さらには定常状態における初期値を導出する.スイッチング状態は,border-collision 分岐,もしくはgrazing 分岐 によって変化する.そのため,スイッチング状態の分布図は,解析的な定常状態の解析式を用いた分岐条件を解き,さらに分岐曲線を追うことで,パラメータ範囲の広いものとなる.また,回路実験を行うことにより,分布図の妥当性を示す. 
(英) This paper presents analytical switching-pattern distributions for the class-E amplifier. For obtaining the switching-pattern distributions, the exact waveform equations of currents and voltages with the initial values for the steady state are derived. The switching patterns are changed via border-collision bifurcation or grazing bifurcation. Therefore, the switching-pattern distribution map can be obtained for wide parameter region by solving the bifurcation conditions with the analytical steady-state waveform expressions and following the bifurcation curves. By carrying out circuit experiments, we can confirm the validity of the distribution map.
キーワード (和) E級増幅器 / スイッチング状態 / border-collision 分岐 / grazing 分岐 / 最適状態 / / /  
(英) Class-E power amplifier / switching-pattern / border-collision bifurcation / grazing bifurcation / nominal operation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 276, NLP2011-100, pp. 49-54, 2011年11月.
資料番号 NLP2011-100 
発行日 2011-11-02 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2011-100

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2011-11-09 - 2011-11-11 
開催地(和) 宮古島マリンターミナル2F研修室 
開催地(英) Miyako Island Marine Terminal 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2011-11-NLP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 分岐理論を用いたE級増幅器におけるスイッチング状態の分布 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analytical Derivation of Switching-pattern Distribution for Class-E Amplifier Using Bifurcation Theory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) E級増幅器 / Class-E power amplifier  
キーワード(2)(和/英) スイッチング状態 / switching-pattern  
キーワード(3)(和/英) border-collision 分岐 / border-collision bifurcation  
キーワード(4)(和/英) grazing 分岐 / grazing bifurcation  
キーワード(5)(和/英) 最適状態 / nominal operation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永島 和治 / Tomoharu Nagashima / ナガシマ トモハル
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 魏 秀欽 / Xiuqin Wei / ギ シュウキン
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高坂 拓司 / Takuji Kousaka / コウサカ タクジ
第3著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 関屋 大雄 / Hiroo Sekiya / セキヤ ヒロオ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2011-11-09 14:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NLP 
資料番号 NLP2011-100 
巻番号(vol) vol.111 
号番号(no) no.276 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数
発行日 2011-11-02 (NLP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会