お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-24 14:15
Polarimetric GPR Vivaldi Antenna Array and Experiments
Wenjing LiangXuan FengShiyu WangCai LiuQi LuLilong ZouQiao WangHongli LiJilin Univ.SANE2011-116
抄録 (和) Conventional GPR use a single antenna mode for transmission and reception, resulting in a response only to Co-Polarization signal. However, we expect that more polarmetric information can be obtained if Cross-Polarization signal is also measured. So we developed a polarimetric antenna array using Vivaldi antenna elements, due to their wide bandwidth and non-dispersion nature. The paper describes design and realization of the polarimetric antenna array accommodated on the full-polarimetric GPR system. Two groups of experiment have been performance. The first group is concerned with the standard dihedral which is made of two orthogonal conducting plates as the targets to prove the availability and accuracy of the polarimetric Vivaldi antenna array. The second group is using a metallic cylinder as the target. The results of experiment are shown in this presentation that Co-Polarization and Cross-Polarization information can be obtained for each transmission and help us to identify target attribute such as direction. 
(英) Conventional GPR use a single antenna mode for transmission and reception, resulting in a response only to Co-Polarization signal. However, we expect that more polarmetric information can be obtained if Cross-Polarization signal is also measured. So we developed a polarimetric antenna array using Vivaldi antenna elements, due to their wide bandwidth and non-dispersion nature. The paper describes design and realization of the polarimetric antenna array accommodated on the full-polarimetric GPR system. Two groups of experiment have been performance. The first group is concerned with the standard dihedral which is made of two orthogonal conducting plates as the targets to prove the availability and accuracy of the polarimetric Vivaldi antenna array. The second group is using a metallic cylinder as the target. The results of experiment are shown in this presentation that Co-Polarization and Cross-Polarization information can be obtained for each transmission and help us to identify target attribute such as direction.
キーワード (和) Vivaldi antenna / polarimetric Vivaldi antenna array / GPR / / / / /  
(英) Vivaldi antenna / polarimetric Vivaldi antenna array / GPR / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 312, SANE2011-116, pp. 19-23, 2011年11月.
資料番号 SANE2011-116 
発行日 2011-11-17 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2011-116

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2011-11-23 - 2011-11-25 
開催地(和) (独)奈良文化財研究所 
開催地(英) Nara National Research Institute for Cultural Properties 
テーマ(和) 第11回 地下電磁計測ワークショップ 
テーマ(英) The 11th workshop on subsurface electromagnetic measurement 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2011-11-SANE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Polarimetric GPR Vivaldi Antenna Array and Experiments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Vivaldi antenna / Vivaldi antenna  
キーワード(2)(和/英) polarimetric Vivaldi antenna array / polarimetric Vivaldi antenna array  
キーワード(3)(和/英) GPR / GPR  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Wenjing Liang / Wenjing Liang /
第1著者 所属(和/英) Jilin University (略称: Jilin Univ.)
Jilin University (略称: Jilin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Xuan Feng / Xuan Feng /
第2著者 所属(和/英) Jilin University (略称: Jilin Univ.)
Jilin University (略称: Jilin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Shiyu Wang / Shiyu Wang /
第3著者 所属(和/英) Jilin University (略称: Jilin Univ.)
Jilin University (略称: Jilin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Cai Liu / Cai Liu /
第4著者 所属(和/英) Jilin University (略称: Jilin Univ.)
Jilin University (略称: Jilin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Qi Lu / Qi Lu /
第5著者 所属(和/英) Jilin University (略称: Jilin Univ.)
Jilin University (略称: Jilin Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Lilong Zou / Lilong Zou /
第6著者 所属(和/英) Jilin University (略称: Jilin Univ.)
Jilin University (略称: Jilin Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Qiao Wang / Qiao Wang /
第7著者 所属(和/英) Jilin University (略称: Jilin Univ.)
Jilin University (略称: Jilin Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Hongli Li / Hongli Li /
第8著者 所属(和/英) Jilin University (略称: Jilin Univ.)
Jilin University (略称: Jilin Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2011-11-24 14:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SANE 
資料番号 SANE2011-116 
巻番号(vol) vol.111 
号番号(no) no.312 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数
発行日 2011-11-17 (SANE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会