お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-26 10:15
反学習項を入れたHopfield modelのstaticsとdynamics
大谷 遥吉田 緑上江洌達也奈良女子大NC2011-100
抄録 (和) Hopfiledモデルにおいては、低温において、記憶させた状態を表すHopfield attractorと複数の記憶状態が混合した混合状態(Mixed state)がともに安定である領域がある。そこで、この論文では、有限個のパターンを埋め込んだHopfieldモデルから反学習項として混合状態を引きさることにより、混合状態を不安定化させることが可能か調べた。我々は、反学習係数と系の確率的振る舞いの度合いを示す'温度'からなるパラメータ空間における相図を描き、反学習により混合状態を消失させることができることを明かにした。また、ダイナミクスについて調べ、静的安定性と動的安定性が一致することを示した。さらに、複数の反学習項を入れた場合も調べ、系が構造安定であることがわかった。理論結果とモンテカルロシミュレーションによる数値結果は、極めてよく一致する。 
(英) In the Hopfield model, there is a low temperature region where the Hopfield attractor representing a memory state and mixed states representing mixture of several memory states are stable. In this paper, modifying the Hopfield model with a few memory patterns by subtracting a mixed state as an unlearning term, we studied whether it is possible to make the mixed state unstable or not. We drew a phase diagram in the parameter space of the unlearning coefficient $\eta$ and the 'temperature' $T$ which is a measure of probabilistic nature of the system, and found that the mixed state can be deleted by unlearning. We studied dynamical behavior of the system, and proved that the static and dynamic stabilities coincide. Furthermore, we studied the Hopfield model with several unlearning terms, and confirmed that the system is structurally sable. Theoretical results and numerical results by Monte Carlo simulations agree quite well.
キーワード (和) ホップフィールドモデル / 反学習 / ホップフィールドアトラクタ / 混合状態 / / / /  
(英) Hopfield model / unlearning / Hopfield sttractor / mixed state / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 419, NC2011-100, pp. 19-24, 2012年1月.
資料番号 NC2011-100 
発行日 2012-01-19 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2011-100

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2012-01-26 - 2012-01-27 
開催地(和) 公立はこだて未来大学 
開催地(英) Future University Hakodate 
テーマ(和) 一般、複雑系とニューロコンピューティング 
テーマ(英) General, Complex Systems and Neurocomputing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2012-01-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 反学習項を入れたHopfield modelのstaticsとdynamics 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Statistic and dynamics of the Hopfield model with unlearning term 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホップフィールドモデル / Hopfield model  
キーワード(2)(和/英) 反学習 / unlearning  
キーワード(3)(和/英) ホップフィールドアトラクタ / Hopfield sttractor  
キーワード(4)(和/英) 混合状態 / mixed state  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 遥 / Haruka Otani / オオタニ ハルカ
第1著者 所属(和/英) 奈良女子大学 (略称: 奈良女子大)
Nara Woman's University (略称: Nara Woman's Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 緑 / Midori Yoshida / ヨシダ ミドリ
第2著者 所属(和/英) 奈良女子大学 (略称: 奈良女子大)
Nara Woman's University (略称: Nara Woman's Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上江洌 達也 / Tatsuya Uezu / ウエズ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 奈良女子大学 (略称: 奈良女子大)
Nara Woman's University (略称: Nara Woman's Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2012-01-26 10:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NC 
資料番号 NC2011-100 
巻番号(vol) vol.111 
号番号(no) no.419 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数
発行日 2012-01-19 (NC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会