お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-10 15:15
家族的類似によって集まるふるまいの群れを前提とする倫理に関して
森住哲也ネッツエスアイ東洋SITE2012-41
抄録 (和) ウィトゲンシュタインの論理空間と言語ゲームでは<私>は消去される.本論文は<私>を映し出す多元言語ゲームの構造を定義し,倫理を「示す」ことを可能にする.アクセス制御行列上で,個々の<私>が<私のふるまい>を家族的類似の特性を使って集め,<私>が<私のふるまい>の境界を定義する.社会の言語的なふるまいは,ふるまいの集まりの群れによって記述される.そしてそのふるまいの群れは,群知能によって制御される.多元言語ゲームを制御する統合的な意味論は存在せず,自律分散的なメタヒューリスティクスが全体を調和させる.倫理とは,"公と私の価値循環が調和するように,個々の個人が制御と了解を全体に対して試みること",と示されることである. 
(英) In the logical space or the language-game of Wittgenstein, <“I”> who mean metaphysical mind is cleared. This paper defines the structure of multi-language-game that reflects the <“I”>, and "show" that the ethics. On the access control matrix, with characteristics of the behaviors of family resemblance, the individual <“I”> collect <behavior of “I”>, and define the boundary of <behavior of “I”>. Linguistic behavior of society is described by a collection of swarm of the behaviors. The swarms of the behaviors are controlled by the swarm intelligence system. There is no integrated semantics to control the multi-language-game, decentralized meta-heuristics is to harmonize the whole. The Ethics is shown as follows: that "each individual tries control and comprehension to the whole so that value circulation of the public and <“I”> can harmonize".
キーワード (和) 家族的類似 / 多元言語ゲーム / 私的言語 / 群知能 / 倫理 / セキュリティ / /  
(英) family resemblance / multi-language-game / private language / swarm intelligence / ethics / security / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 228, SITE2012-41, pp. 15-20, 2012年10月.
資料番号 SITE2012-41 
発行日 2012-10-03 (SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2012-41

研究会情報
研究会 SITE  
開催期間 2012-10-10 - 2012-10-10 
開催地(和) 東京電機大学 東京千住キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 個人情報とプライバシー、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2012-10-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 家族的類似によって集まるふるまいの群れを前提とする倫理に関して 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) About ethics on condition of the swarm of behaviors that flock by the family resemblance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 家族的類似 / family resemblance  
キーワード(2)(和/英) 多元言語ゲーム / multi-language-game  
キーワード(3)(和/英) 私的言語 / private language  
キーワード(4)(和/英) 群知能 / swarm intelligence  
キーワード(5)(和/英) 倫理 / ethics  
キーワード(6)(和/英) セキュリティ / security  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森住 哲也 / Tetsuya Morizumi / モリズミ テツヤ
第1著者 所属(和/英) ネッツエスアイ東洋(株) (略称: ネッツエスアイ東洋)
Toyo Networks & System Integration Co., Ltd. (略称: TNSi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2012-10-10 15:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SITE 
資料番号 SITE2012-41 
巻番号(vol) vol.112 
号番号(no) no.228 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数
発行日 2012-10-03 (SITE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会