お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-17 16:40
静電塗布法を用いたフラーレン誘導体薄膜の成膜
高木健次武志一正福田武司埼玉大/理研)・鎌田憲彦埼玉大)・朱 正明山形 豊理研)・田島右副理研/埼玉大OME2012-54 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2012-54
抄録 (和) ウェットプロセスでp-nもしくはp-i-n積層型有機薄膜太陽電池を形成する為には、p型とn型の有機材料を溶解する溶媒を選択する必要があり、有機層の積層化が困難である。本研究では、静電塗布法に適した有機薄膜太陽電池のn型材料を検討するために、異なる7種類のフラーレン誘導体薄膜を成膜し、膜の表面形状・粗さを評価した。その結果、溶媒に対する溶解度が高く凝集性が低いIndene-C60-bisadduct (ICBA)薄膜で最も平坦な膜になり、表面粗さ0.57 nmを実現した。また、印加電圧を変化させた時の噴霧直径を測定した結果、フラーレン誘導体の双極子モーメントに比例して広がる傾向があった。以上の結果から、静電塗布法で成膜するフラーレン誘導体薄膜の表面粗さ、噴霧直径は材料に依存することが分かった。 
(英) A solubility of n- and p-type organic materials against organic solvent is necessary to realize a multilayer organic photovoltaic cell (OPV),like p-n and p-i-n structures. In this study, we investigated the surface morphology of fullerene derivative film fabricated by electrospray deposition technique. As a result, the ICBA thin film became the flattest, and realized the RMS roughness of 0.57 nm. In addition, we found that the spray diameter expanded with increasing the dipole moment of fullerene derivative material. This showed that the surface roughness and spray diameter of the fullerene derivatives were dependent on molecular structure of fullerene derivative.
キーワード (和) 静電塗布法 / 薄膜 / 表面粗さ / フラーレン誘導体 / 噴霧直径 / / /  
(英) Electrospray Deposition Method / Thin Film / Surface roughness / Fullerene derivative / spray diameter / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 244, OME2012-54, pp. 45-48, 2012年10月.
資料番号 OME2012-54 
発行日 2012-10-10 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2012-54 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2012-54

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-17 
開催地(和) 機械振興会館 B1F 3号室 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 有機デバイス全般・一般 
テーマ(英) General Aspects of Organic Devices 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2012-10-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 静電塗布法を用いたフラーレン誘導体薄膜の成膜 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fullerene derivative thin film fabricated by electrospray deposition technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 静電塗布法 / Electrospray Deposition Method  
キーワード(2)(和/英) 薄膜 / Thin Film  
キーワード(3)(和/英) 表面粗さ / Surface roughness  
キーワード(4)(和/英) フラーレン誘導体 / Fullerene derivative  
キーワード(5)(和/英) 噴霧直径 / spray diameter  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 健次 / Kenji Takagi / タカギ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大/理研)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武志 一正 / Kazumasa Takeshi / タケシ カズマサ
第2著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大/理研)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 武司 / Takeshi Fukuda / フクダ タケシ
第3著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大/理研)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 憲彦 / Norihiko Kamata / カマタ ノリヒコ
第4著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 朱 正明 / Jungmyoung Ju / ジョンミョン ジュ
第5著者 所属(和/英) 理化学研究所 (略称: 理研)
RIKEN (略称: RIKEN)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山形 豊 / Yutaka Yamagata / ヤマガタ ユタカ
第6著者 所属(和/英) 理化学研究所 (略称: 理研)
RIKEN (略称: RIKEN)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 田島 右副 / Yusuke Tajima / タジマ ユウスケ
第7著者 所属(和/英) 理化学研究所 (略称: 理研/埼玉大)
RIKEN (略称: RIKEN)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2012-10-17 16:40:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 OME 
資料番号 OME2012-54 
巻番号(vol) vol.112 
号番号(no) no.244 
ページ範囲 pp.45-48 
ページ数
発行日 2012-10-10 (OME) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会