お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-12 14:00
最近のハニーポットの動向と倫理的問題
李 超宮田純子木下宏揚神奈川大SITE2012-45
抄録 (和) 情報技術の進歩とともに,セキュリティホールを突いた不正アクセス等セキュリティの問題が日々深 刻化している.これを背景として,ハニーポットはネットワーク上の不正アクセスを観測ツールとして研究者に注 目されている.ハニーポットを使い,研究者がクラッカーから攻撃法や統計的性質を解析することが容易になる. 本稿では,各種ハニーポットの仕組,最近の研究と将来の研究動向について解説した.また,ハニーポットを研究 し運用する際のプライバシー保護や倫理的な問題点などの観点から検討を行った. 
(英) With the development of the information technology, the security problem in many aspects become more and
more serious. The honeypot is an effective way to observe the network illegal access in such circumstances. Furthermore, we can learn the hacking skills and get some statistical information from the attackers to find the way to strengthen our system. In this paper, we introduce the technical details and the recent researches about honeypot, and then discussion the ethical issue from the aspect of the privacy problem, social impacts and the rules in research institutes.
キーワード (和) ハニーポット / ネットワークセキュリティ / 侵入検知 / / / / /  
(英) Honeypot / Network Security / Intrusion Detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 343, SITE2012-45, pp. 13-18, 2012年12月.
資料番号 SITE2012-45 
発行日 2012-12-05 (SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2012-45

研究会情報
研究会 SITE  
開催期間 2012-12-12 - 2012-12-12 
開催地(和) 常翔学園大阪センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報教育,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2012-12-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最近のハニーポットの動向と倫理的問題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Trend and ethical problem of the honeypot 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハニーポット / Honeypot  
キーワード(2)(和/英) ネットワークセキュリティ / Network Security  
キーワード(3)(和/英) 侵入検知 / Intrusion Detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 超 / Chao Li / リ チョウ
第1著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 純子 / Sumiko Miyata / ミヤタ スミコ
第2著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 宏揚 / Hirotsugu Kinoshita / キノシタ ヒロツグ
第3著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2012-12-12 14:00:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 SITE 
資料番号 SITE2012-45 
巻番号(vol) vol.112 
号番号(no) no.343 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数
発行日 2012-12-05 (SITE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会