お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-04-18 16:20
有機PVDFフィルムを用いた圧電式水素ガスセンサの開発
今井裕司仙台高専)・飯野祥平中山貴裕但木大介木村康男庭野道夫東北大ED2013-9 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2013-9
抄録 (和) 我々は,有機圧電ポリマーであるポリフッ化ビニリデン(PVDF)薄膜にパラジウム(Pd)薄膜を堆積させた新規な自立型圧電式水素ガスセンサを開発した.本センサは,水素吸収に伴うPd薄膜の体積膨脹でPVDF薄膜が歪むことにより,PVDF薄膜の分極の変化を電圧信号として取り出すことを検出原理としている.さらに我々は,PVDF粉末,アセトン,水溶性極性溶媒であるヘキサメチルリン酸トリアミド(HMPA)を混合した溶液を乾燥させる溶液塗布法により,自発分極と多孔質構造を持つβ型PVDF薄膜を簡便に作製する手法を確立した.この多孔質β型PVDF薄膜を用いることで,室温で安定した水素ガス検知特性が得られることが明らかとなった. 
(英) We have proposed a new type of organic hydrogen gas sensor in which palladium (Pd)-coated β-phase poly(vinylidene fluoride) (PVDF) films are utilized. Volume expansion of the Pd thin film caused by absorption of hydrogen gas is monitored by a piezoelectric film of PVDF attached to the Pd films. We have developed a simple method of synthesizing polar β-phase PVDF films from non-polar α-phase PVDF powder by using a wet process in which a mixture of acetone and hexamethylphosphoric triamide is used as the solvent for the PVDF powder. The sensor works by itself at room temperature without a power source.
キーワード (和) 水素センサ / 圧電 / ポリフッ化ビニリデン(PVDF) / パラジウム(Pd) / / / /  
(英) Hydrogen Sensor / Piezoelectric / Poly(vinylidene fluoride) (PVDF) / Palladium (Pd) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 9, ED2013-9, pp. 31-35, 2013年4月.
資料番号 ED2013-9 
発行日 2013-04-11 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2013-9 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2013-9

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2013-04-18 - 2013-04-19 
開催地(和) 東北大学電通研 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟4階 カンファレンスルーム 
開催地(英)  
テーマ(和) 有機デバイス・酸化物デバイス・一般 
テーマ(英) Organic Devices, Oxide Devices, and others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2013-04-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 有機PVDFフィルムを用いた圧電式水素ガスセンサの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Piezoelectric hydrogen gas sensor with organic poly(vinylidene fluoride) films 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 水素センサ / Hydrogen Sensor  
キーワード(2)(和/英) 圧電 / Piezoelectric  
キーワード(3)(和/英) ポリフッ化ビニリデン(PVDF) / Poly(vinylidene fluoride) (PVDF)  
キーワード(4)(和/英) パラジウム(Pd) / Palladium (Pd)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 裕司 / Yuji Imai / イマイ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 仙台高等専門学校 (略称: 仙台高専)
Sendai National College of Technology (略称: Sendai NCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯野 祥平 / Shohei Iino / イイノ ショウヘイ
第2著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 貴裕 / Takahiro Nakayama / ナカヤマ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 但木 大介 / Daisuke Tadaki / タダキ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 康男 / Yasuo Kimura / キムラ ヤスオ
第5著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 庭野 道夫 / Michio Niwano / ニワノ ミチオ
第6著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-04-18 16:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ED 
資料番号 ED2013-9 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.31-35 
ページ数
発行日 2013-04-11 (ED) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会