お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-16 16:40
[ポスター講演]マイクロ波電力伝送を用いて駆動する単一無線LAN端末の給電・通信スケジューリングの実験
山下翔大井元則克市原卓哉山本高至守倉正博篠原真毅京大ASN2013-16
抄録 (和) マイクロ波電力伝送を用いて無線センサをバッテリレスで駆動させる際,電力伝送と無線通信に同一周波数帯のマイクロ波を使用する場合には,送電と通信の時間的なスケジューリングが必要になる.また,送電マイクロ波による給電電力を二次電池であるキャパシタに蓄えつつ無線センサの駆動を試みる場合,キャパシタの残エネルギーは可能な限り大きいことが望ましい.本稿では,単一の無線LAN(Local Area Network)端末に対してマイクロ波送電と無線LAN通信とを時間的に直交して行うシステムの設計を行い,実験によりこのシステムの正しい動作が得られた.加えてこのシステムの通信距離などの現実性を議論する.無線LAN端末は,AP(Access Point)から定期的に送信されるビーコンの受信を行い,その前後でデータ送信を行う,従って,これらが妨害されないように送電マイクロ波の放射をタイミング制御する.また,無線LAN端末は自局のスリープ時間を適応的に制御することで,キャパシタの残エネルギーを一定値に保たせる. 
(英) When a wireless and batteryless sensor is powered by microwave power transmission (MPT), time scheduling is required if the same radio frequency band is used for wireless communication and MPT.In addition, the energy stored in the capacitor of the wireless sensor should be maintained to converge to a target value.This paper presents designing a method to allocate periods for MPT and WLAN communication.In addition, this paper discusses the feasibility of designed system.Microwave emission is stopped when the WLAN terminal transmits data and receives beacon frames broadcasted by an access point.The WLAN terminal controls sleep period depending on the remaining energy so that the energy stored in the capacitor of the WLAN terminal is constant.
キーワード (和) マイクロ波電力伝送 / バッテリレス / スケジューリング / 無線LAN / ビーコン / スリープ制御 / /  
(英) Microwave power transmission / batteryless / scheduling / WLAN / beacon / sleep control / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 38, ASN2013-16, pp. 85-90, 2013年5月.
資料番号 ASN2013-16 
発行日 2013-05-09 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2013-16

研究会情報
研究会 ASN IPSJ-UBI  
開催期間 2013-05-16 - 2013-05-17 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) フレッシュマンセッションおよび一般 
テーマ(英) Freshman Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2013-05-ASN-UBI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロ波電力伝送を用いて駆動する単一無線LAN端末の給電・通信スケジューリングの実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experiment on Charge and Communication Scheduling for Single Wireless LAN Terminal Using Microwave Power Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波電力伝送 / Microwave power transmission  
キーワード(2)(和/英) バッテリレス / batteryless  
キーワード(3)(和/英) スケジューリング / scheduling  
キーワード(4)(和/英) 無線LAN / WLAN  
キーワード(5)(和/英) ビーコン / beacon  
キーワード(6)(和/英) スリープ制御 / sleep control  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 翔大 / Shota Yamashita / ヤマシタ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井元 則克 / Norikatsu Imoto / イモト ノリカツ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 市原 卓哉 / Takuya Ichihara / イチハラ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 守倉 正博 / Masahiro Morikura / モリクラ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 真毅 / Naoki Shinohara / シノハラ ナオキ
第6著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-05-16 16:40:00 
発表時間 100分 
申込先研究会 ASN 
資料番号 ASN2013-16 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.38 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数
発行日 2013-05-09 (ASN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会