お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-14 15:25
電子ノート作成支援システムで利用する音声からのキーワード検出技術
米倉千冬太田晃平古屋裕斗西崎博光関口芳廣山梨大TL2013-3 NLC2013-3
抄録 (和) 本稿では,電子ノート作成支援システム上で利用する音声からのキーワード検出技術(STD)について述べる.STDの研究の多くは検出性能向上を目的とするものであり,実環境下での有用性の評価を目的とするものは少ない.そこで著者らは,電子ノート作成支援システムでのノート見直し作業を対象としたSTD技術の有用性の評価を行った.有用性はSTDを組み込んだ電子ノートを用いた被験者実験を行うことで評価した.被験者実験では,被験者に講義での電子ノートの作成と,そのノートを参照しながら試験問題に解答してもらい,正答するまでの時間を計測した.ノート参照の際,全被験者の内半数にはSTDを使用してもらった.実験の結果,STD使用者の方が不使用者に比べ,試験問題に平均的に速く正答したことを確認できた.このことから,電子ノート見直し作業において,STDは有用である可能性があるということが分かった. 
(英) This paper describes the effectiveness of a spoken term detection (STD) technique on an electric note-taking support system. Most STD studies targeted to improve term detection performance, and there are few STD researches focus on its effectiveness on real environments. Therefore, we test the effectiveness of the STD technique in a browsing work using the electric note-taking support system we have already developed. This is performed by a subjective experiment. In the subjective experiment, subjects made an electronic notes by using the system with listening to a lecture, and they answered questions related to the lecture with browsing the notes. A response time that a subject correctly answered the all questions was measured. When the subjects browsed theier notes, half of the subjects used the STD technique and the others did not use it. The experimental result showed that the subjects who used the STD technique answered the all questions faster than the other subjects. This claimed that the STD technique worked well on the browsing work on the electric note-taking system.
キーワード (和) 音声認識 / 音声からのキーワード検出 / 実環境下 / 電子ノート / / / /  
(英) Electronic note-taking support system / real environments / speech recognition / spoken term detection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 83, NLC2013-3, pp. 13-18, 2013年6月.
資料番号 NLC2013-3 
発行日 2013-06-07 (TL, NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2013-3 NLC2013-3

研究会情報
研究会 TL NLC  
開催期間 2013-06-14 - 2013-06-15 
開催地(和) 筑波大学(筑波キャンパス) 
開催地(英) University of Tsukuba 
テーマ(和) 言語処理・言語分析の社会応用,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2013-06-TL-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電子ノート作成支援システムで利用する音声からのキーワード検出技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Keyword Extraction from Speech on an Electronic Note-taking Support System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声認識 / Electronic note-taking support system  
キーワード(2)(和/英) 音声からのキーワード検出 / real environments  
キーワード(3)(和/英) 実環境下 / speech recognition  
キーワード(4)(和/英) 電子ノート / spoken term detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 米倉 千冬 / Chifuyu Yonekura / ヨネクラ チフユ
第1著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Unv.of Yamanashi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 晃平 / Kohei Ota / オオタ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Unv.of Yamanashi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古屋 裕斗 / Yuto Furuya / フルヤ ユウト
第3著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Unv.of Yamanashi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西崎 博光 / Hiromitsu Nishizaki / ニシザキ ヒロミツ
第4著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Unv.of Yamanashi)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 関口 芳廣 / Yoshihiro Sekiguchi / セキグチ ヨシヒロ
第5著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Unv.of Yamanashi)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-14 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLC 
資料番号 TL2013-3, NLC2013-3 
巻番号(vol) 113 
号番号(no) no.82(TL), no.83(NLC) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数
発行日 2013-06-07 (TL, NLC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会