お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-25 14:30
ARを用いた「かわいい」大きさの評価
山崎陽介大倉典子芝浦工大MVE2013-9
抄録 (和) 21 世紀に入り,人工物の感性価値の重要性が認識されている.しかし「かわいい」という感性価値についての研究はあまり多くない.そこで我々は,人工物の物理的属性について「かわいい」という感性価値の研究として、これまでにかわいい形や色、大きさ、質感などについて実験を行ってきた。本稿では再度大きさに着目し、拡張現実と仮想現実を用いた表示による「かわいい」大きさの評価の違いを調べる実験を行ったので、それについて報告する。 
(英) In the 21st century, the importance of the kansei value has become recognized. However, not many studies have focused on “kawaii” as a kansei value. Then, we continue to research “kawaii” as a kansei value for physical attributes of artificial products. We have already performed some experiments on such as “kawaii shapes,” “kawaii colors,” “kawaii sizes,” “kawaii material textures.” In this paper,we refocused on “kawaii size,” and performed an experiment using Augmented Reality and Virtual Reality to obtain new knowledge about evaluation of “kawaii sizes.”
キーワード (和) 拡張現実 / かわいい / 大きさ / 心拍 / / / /  
(英) Augmented Reality / Kawaii / Size / Heartbeat / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 109, MVE2013-9, pp. 19-22, 2013年6月.
資料番号 MVE2013-9 
発行日 2013-06-18 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2013-9

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI HI-SIG-VR  
開催期間 2013-06-25 - 2013-06-26 
開催地(和) 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) 
開催地(英) Sanjo Conference Hall, The University of Tokyo (Hongo campus) 
テーマ(和) 人工現実感(VR学会,HI学会SIGVR,およびITE-HIと連催) 
テーマ(英) Artificial reality 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2013-06-MVE-HI-SIG-VR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ARを用いた「かわいい」大きさの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of kawaii size using AR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 拡張現実 / Augmented Reality  
キーワード(2)(和/英) かわいい / Kawaii  
キーワード(3)(和/英) 大きさ / Size  
キーワード(4)(和/英) 心拍 / Heartbeat  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 陽介 / Yosuke Yamasaki /
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大倉 典子 / Michiko Ohkura /
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-06-25 14:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MVE 
資料番号 MVE2013-9 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.109 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数
発行日 2013-06-18 (MVE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会