お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-09 13:00
[ポスター講演]非線形ひずみ存在下における受信ダイバーシチを適用したアップリンクOFDMA信号の理論BERの導出法
西村 慶竹渕翔矢前原文明早大WBS2013-17
抄録 (和) OFDM信号は周波数利用効率に優れており,ガードインターバルを用いて周波数選択性フェージングの影響を抑圧できる反面,高いPAPRを生じることから,送信側で電力増幅を行う際に非線形ひずみが生じる問題点がある.これまでに,筆者らは,非線形ひずみとフェージングが混在する環境下におけるアップリンクOFDMA方式を対象として,そのビット誤り率を級数を用いた簡易な理論式により表現する手法を提案してきた.本稿では,これまでの検討の発展として,最大比合成に基づく受信ダイバーシチが適用されたときの理論BERを,単一ブランチの場合の理論SNDIRを拡張することにより導出する.また,導出式の妥当性を理論特性と計算機シミュレーションによる特性を比較することにより明らかにする. 
(英) OFDM has become one of the most promising techniques because of its robustness against the severe frequency selective fading as well as the high bandwidth efficiency. However, OFDM has an inherent drawback of its high peak-to-average power ratio (PAPR). So far, we have proposed the derivation method of the simple series form formula of BER performance for uplink OFDMA signals in the presence of nonlinear fading channels. In this report, as the extension of this work, we derive the theoretical BER performance for uplink OFDMA signals with space diversity reception using maximal ratio combining (MRC) under nonlinear fading channels. The validity of the derived formula is confirmed by the agreement with the computer simulation results.
キーワード (和) OFDMA方式 / 非線形ひずみ / 理論解析 / サブキャリヤ割当法 / 受信ダイバーシチ / / /  
(英) OFDMA / nonlinear distortion / theoretical analysis / subcarrier allocation method / diversity reception / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 117, WBS2013-17, pp. 21-26, 2013年7月.
資料番号 WBS2013-17 
発行日 2013-07-02 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2013-17

研究会情報
研究会 WBS MICT  
開催期間 2013-07-09 - 2013-07-10 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英)  
テーマ(和) ポスター講演,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2013-07-WBS-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形ひずみ存在下における受信ダイバーシチを適用したアップリンクOFDMA信号の理論BERの導出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Theoretical BER Performance of Uplink OFDMA Systems employing Space Diversity Receptin over Nonlinear Fading Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDMA方式 / OFDMA  
キーワード(2)(和/英) 非線形ひずみ / nonlinear distortion  
キーワード(3)(和/英) 理論解析 / theoretical analysis  
キーワード(4)(和/英) サブキャリヤ割当法 / subcarrier allocation method  
キーワード(5)(和/英) 受信ダイバーシチ / diversity reception  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 慶 / Kei Nishimura / ニシムラ ケイ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹渕 翔矢 / Shoya Takebuchi / タケブチ ショウヤ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 文明 / Fumiaki Maehara / マエハラ フミアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-07-09 13:00:00 
発表時間 100分 
申込先研究会 WBS 
資料番号 WBS2013-17 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.117 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数
発行日 2013-07-02 (WBS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会