お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-02 17:30
Enhancing Probabilistic Appearance-Based Object Tracking with Depth Information -- Object Tracking under Occlusion --
Kourosh MeshgiYu-zhe LiShigeyuki ObaShin-ichi MaedaShin IshiiKyoto Univ.PRMU2013-42 IBISML2013-22
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Object tracking has attracted recent attention because of high demands for its everyday-life applications. Handling occlusions especially in cluttered environments introduced new challenges to the tracking problem; identity loss, splitting/merging, shape changes, shadows and other appearance artifacts trouble appearance-based tracking techniques. Depth-maps provide necessary clues to retrieve occluded objects after they reappear, recombine split group of objects, compensate drastic appearance changes, and reduce the effect of appearance artifacts. In this study, we not only proposed a consistent way of integrating color and depth information in a particle filter framework to efficiently perform the tracking task, but also enhanced the previous color-based particle filtering to achieve trajectory independence and consistency with respect to the target scale. We also exploited local characteristics to represent the target objects and proposed a novel confidence measure for them. Appling to simple tracking problems, the performance of our method is discussed thoroughly.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) RGB-D particle filter / depth map / explicit occlusion handling / enhanced bounding box / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 197, IBISML2013-22, pp. 85-91, 2013年9月.
資料番号 IBISML2013-22 
発行日 2013-08-26 (PRMU, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2013-42 IBISML2013-22

研究会情報
研究会 PRMU IBISML IPSJ-CVIM  
開催期間 2013-09-02 - 2013-09-03 
開催地(和) 鳥取大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 機械学習と視覚情報処理の接点,及び,社会テーマ:ハイリスク作業支援 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2013-09-PRMU-IBISML-CVIM 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Enhancing Probabilistic Appearance-Based Object Tracking with Depth Information 
サブタイトル(英) Object Tracking under Occlusion 
キーワード(1)(和/英) / RGB-D particle filter  
キーワード(2)(和/英) / depth map  
キーワード(3)(和/英) / explicit occlusion handling  
キーワード(4)(和/英) / enhanced bounding box  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) クロシ メシギ / Kourosh Meshgi /
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 玉哲 / Yu-zhe Li /
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大羽 成征 / Shigeyuki Oba /
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 新一 / Shin-ichi Maeda /
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 信 / Shin Ishii /
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-09-02 17:30:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 PRMU2013-42, IBISML2013-22 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.196(PRMU), no.197(IBISML) 
ページ範囲 pp.85-91 
ページ数
発行日 2013-08-26 (PRMU, IBISML) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会