お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-19 14:50
動的部分再構成による連想メモリ内エントリの定数化の検討
請園智玲荒木光一北陸先端大RECONF2013-36
抄録 (和) 一般的に連想探索を行うメモリはエントリ数の増加に比例してハードウェアサイズが大きくなり,参照遅延も同様に長くなる.そのため,ごく限られたエントリ数が連想メモリとして実装される.通常,少ないエントリ数を有効に利用するために,参照局所性を利用してエントリの置換制御を行うことで連想メモリが使用される.本稿では参照局所性が非常に高い連想メモリ内のエントリの内容を動的に解析して特定する技術について議論する.また,それに加え,特定したエントリを定数回路として動的に再構成する技術の実現可能性についてを検討する.この技術が実現すれば,近年のFPGA などに搭載される動的部分再構成技術を用いることで参照を高速化することができる. 
(英) In general, memories which can be referenced by associative search will enlarge hardware size and extend delay for references in proportion to increase of entries. For this reason, very limited number of entries can
be implemened as associative memories. Generally, to make effective use of the few entries, the associative memories will be used with replacement control for entries exploiting locality of references. In this paper, we discuss a technique that content of entries in associative memory which have very high locality of references are dynamically analyzed and identified. In addition, we consider feasibility of the technique that dynamically reconfigure the identified entries as constant circuits. The techniques would have a large increase in speed of references by using mechanism of dynamic partial reconfiguration which is implemented in recent FPGAs.
キーワード (和) 動的部分再構成 / 連想メモリ / 定数回路 / 参照局所性 / / / /  
(英) Dynamic Partial Reconfiguration / Associative Memories / Constant Circuit / locality of References / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 221, RECONF2013-36, pp. 97-102, 2013年9月.
資料番号 RECONF2013-36 
発行日 2013-09-11 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RECONF2013-36

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2013-09-18 - 2013-09-19 
開催地(和) 北陸先端科学技術大学院大学 
開催地(英) Japan Advanced Institute of Science and Technology 
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム、一般 
テーマ(英) Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2013-09-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動的部分再構成による連想メモリ内エントリの定数化の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Considerations of Constantize for Entries in Associative Memories Using Dynamic Partial Reconfiguration 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動的部分再構成 / Dynamic Partial Reconfiguration  
キーワード(2)(和/英) 連想メモリ / Associative Memories  
キーワード(3)(和/英) 定数回路 / Constant Circuit  
キーワード(4)(和/英) 参照局所性 / locality of References  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 請園 智玲 / Tomoaki Ukezono / ウケゾノ トモアキ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 光一 / Koichi Araki / アラキ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-09-19 14:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 RECONF2013-36 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.221 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数
発行日 2013-09-11 (RECONF) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会