お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-25 11:20
クラシック音楽を聴いた時の脳活動とそのクロスモダリティに関する研究
武田美咲中川匡弘長岡技科大MBE2013-54 NC2013-40
抄録 (和) 本研究は,「クラシック音楽を聴いている時にその音楽から情景が思い浮かぶ」といった状況におけるクロスモーダルメカニズムを理解することを目的としている.今回,感性近赤外光解析手法を用いてクラシック楽曲を「聴いた時」の感性と,その楽曲のタイトルからイメージされる画像を「見た時」の感性の関連性について解析した.その結果,安静時に対する音楽聴取時の認識率は52%となった.また,アンケート結果との比較により,曲を「知っている,知らない」では認識率に大きな影響を与えることがかわった. 
(英) This paper attempts to analyze the relationship between visual Kansei and auditory Kansei under listening to classical music and looking at music-related images to understand about the cross-modal mechanisms. As a result, the recognition rate of listening to music for the rest time was 52%. Besides, the result suggested the recognition rate depend on whether knowing the music or not according to comparing the result of questionnaire.
キーワード (和) クロスモダリティ / 感性 / 感覚 / 近赤外分光法 / 感性近赤外光解析手法 / クラシック音楽 / /  
(英) Cross-modality / Kansei / Sensation / NIRS / ENIAS / Classical music / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 222, MBE2013-54, pp. 101-105, 2013年9月.
資料番号 MBE2013-54 
発行日 2013-09-17 (MBE, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2013-54 NC2013-40

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2013-09-24 - 2013-09-25 
開催地(和) 新潟大学 駅南キャンパス 
開催地(英) Niigata University Ekinan-Campus "TOKIMATE" 
テーマ(和) ME、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2013-09-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラシック音楽を聴いた時の脳活動とそのクロスモダリティに関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cross-modality and Brain Activity under Listening to Classical Music 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クロスモダリティ / Cross-modality  
キーワード(2)(和/英) 感性 / Kansei  
キーワード(3)(和/英) 感覚 / Sensation  
キーワード(4)(和/英) 近赤外分光法 / NIRS  
キーワード(5)(和/英) 感性近赤外光解析手法 / ENIAS  
キーワード(6)(和/英) クラシック音楽 / Classical music  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 美咲 / Misaki Takeda / タケダ ミサキ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 匡弘 / Masahiro Nakagawa / ナカガワ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-09-25 11:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MBE 
資料番号 MBE2013-54, NC2013-40 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.222(MBE), no.223(NC) 
ページ範囲 pp.101-105 
ページ数
発行日 2013-09-17 (MBE, NC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会