お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-03 14:00
複数カメラを用いた人数分布推定に関する検討
田渕義宗高橋友和出口大輔井手一郎村瀬 洋名大)・黒住隆行柏野邦夫NTTPRMU2013-56
抄録 (和) 公共の安全やマーケティングを目的として,群集の解析の研究が注目を集めている.また近年,セキュリティ意識が高まり,監視カメラから得られる大量の映像を用いて群集の行動を解析する技術が求められている.しかし,人手による解析には多くの時間や労力が必要なため,このような大量の群集映像の自動解析に関する期待は高い.群集解析の中でも,場所領域毎の人数分布の推定には一定の需要がある.そこで我々は,多数の人が密集して存在する状況下での場所領域毎の人数分布の推定を目指す.本報告では,複数カメラを用いることで遮蔽の影響に対処するとともに,回帰による小領域毎の人数推定により人数分布を推定する手法を検討する.評価実験において,提案手法の人数分布推定精度を評価した. 
(英) Crowd analysis is focused on for public safety and marketing. Also, in recent years, it has become necessary to analyze a large volume of video data recording the activity of a crowd according to the widespread of surveillance cameras due to the increase of security awareness. Automatic analysis of such crowd videos is in demand because manual analysis takes time and effort. Among the crowd analysis, there is a demand for people density estimation. Therefore, we aim to estimate the density of people in a situation where many people exist, using multiple cameras to deal with occlusion. In this report, we study a method which estimates the people density by counting people based on regression in small areas. In an experiment, we examined the accuracy of the proposed people density estimation method.
キーワード (和) 人数分布推定 / 群集解析 / 複数カメラ / / / / /  
(英) People density estimation / crowd analysis / multiple cameras / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 230, PRMU2013-56, pp. 1-6, 2013年10月.
資料番号 PRMU2013-56 
発行日 2013-09-26 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2013-56

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2013-10-03 - 2013-10-04 
開催地(和) 幕張メッセ国際会議場 
開催地(英)  
テーマ(和) 大規模データとパターン認識・メディア理解, 地球をとらえる,CEATEC連携 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2013-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数カメラを用いた人数分布推定に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on people density estimation using multiple cameras 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人数分布推定 / People density estimation  
キーワード(2)(和/英) 群集解析 / crowd analysis  
キーワード(3)(和/英) 複数カメラ / multiple cameras  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田渕 義宗 / Yoshimune Tabuchi / タブチ ヨシムネ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 友和 / Tomokazu Takahashi / タカハシ トモカズ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 出口 大輔 / Daisuke Deguchi / デグチ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井手 一郎 / Ichiro Ide / イデ イチロウ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 洋 / Hiroshi Murase / ムラセ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒住 隆行 / Takayuki Kurozumi / クロズミ タカユキ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 柏野 邦夫 / Kunio Kashino / カシノ クニオ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-10-03 14:00:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 PRMU2013-56 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.230 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2013-09-26 (PRMU) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会