お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-17 13:20
LTE-AdvancedにおけるRemote Radio Headを用いた下りリンクCoMP Coherent Joint Transmissionの屋外実験
齊藤敬佑川村輝雄安藤英浩NTTドコモRCS2013-150
抄録 (和) 本稿では,OFDMAを用いるLTE-Advanced下りリンクにおいて,RRH (Remote Radio Head)を用いたCoMP (Coordinated Multi-Point) coherent joint transmission (JT)の屋外実伝搬環境における実験結果を示す.本実験では,移動局(MS: Mobile Station)からのチャネル状態情報(CSI: Channel State Information)フィードバックビット数,MSの移動速度,および送信ポイント(TP: Transmission Point)間のパスロス差を考慮した室内および屋外実験により,semi-staticにTPを切り替えるTP selectionあるいはCoMPを適用しない場合(non-CoMP)に比較したCoMP coherent JTの利得を明らかにする.神奈川県横須賀市郊外で行った屋外実験結果より,サブバンド(900 kHz)当たりのCSIフィードバックビット数が5ビット,MSの移動速度が時速3 (10) kmの場合,CoMP coherent JTに適応変調・チャネル符号化およびハイブリッド自動再送要求を適用したときのセル境界付近におけるユーザスループットは,non-CoMPおよびTP selectionに比較して,各々4.2 (3.9)および1.5 (1.4)倍改善できることを示す. 
(英) This paper presents experimental results on coordinated multipoint (CoMP) coherent joint transmission (JT) using remote radio heads (RRHs) in the OFDMA based LTE-Advanced downlink. We investigate the gain of CoMP coherent JT compared to transmission point (TP) selection, which means that the TP is semi-statically switching, or non-CoMP in laboratory and field experiments considering the number of channel state information (CSI) feedback bits from a mobile station (MS), the moving speed of the MS, and the difference of path loss between TPs. Field experiments, which are conducted in a suburban area of Yokosuka city in Japan, show that the achievable user throughput employing adaptive modulation and coding and hybrid automatic repeat request at the cell boundary for CoMP coherent JT is 4.2 (3.9) and 1.5 (1.4) times greater than that for non-CoMP and TP selection, respectively, when the number of CSI feedback bits per subband, i.e., 900 kHz, is 5 bits and the moving speed of the MS is 3 (10) km/h.
キーワード (和) CoMP / Joint transmission / Remote radio head / LTE-Advanced / 屋外実験 / / /  
(英) CoMP / Joint transmission / Remote radio head / LTE-Advanced / Field experiment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 246, RCS2013-150, pp. 49-54, 2013年10月.
資料番号 RCS2013-150 
発行日 2013-10-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-150

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-10-17 - 2013-10-18 
開催地(和) 上智大学 
開催地(英) Sophia Univ. 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化および一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-AdvancedにおけるRemote Radio Headを用いた下りリンクCoMP Coherent Joint Transmissionの屋外実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Field Experiments on Downlink CoMP Coherent Joint Transmission Using Remote Radio Heads in LTE-Advanced 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CoMP / CoMP  
キーワード(2)(和/英) Joint transmission / Joint transmission  
キーワード(3)(和/英) Remote radio head / Remote radio head  
キーワード(4)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(5)(和/英) 屋外実験 / Field experiment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 敬佑 / Keisuke Saito / サイトウ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第2著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 英浩 / Hidehiro Andoh / アンドウ ヒデヒロ
第3著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-10-17 13:20:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2013-150 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.246 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数
発行日 2013-10-10 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会