お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-19 14:20
授業設計への適用を目指したARCSモデルに基づく学習意欲変容の検討
大前祐斗中平勝子福村好美長岡技科大ET2013-54
抄録 (和) 近年,学習意欲に関する問題が多数提起されている.そのために,学力同様,学習意欲の面でよりよい授業を行うことが望ましい.学習意欲を扱う有力なモデルとしてARCS モデルが存在し,この有用性が確かめられている.そのため,このモデルを適切に用いることで,学習意欲に関する問題の解決を目指すことができる.しかし,行われた授業に対する学習意欲の変容は,学習者の個人特性によって異なる.そのため,様々な個人特性を持つ学習者が集まる集団型授業に対しては,授業設計の最適解の探索は困難となる.この問題を解決するために,集団型授業に対する授業設計の意思決定支援システムを構築することを目的とした.本稿では,集団型授業に対する授業設計の意思決定支援システムを構築するための研究手法について述べる. 
(英) There are many suggestions of decreased motivation for learning in classes. To improve these suggestions, the
class should take care of motivation for learning as well as providing intelligence to students. The most famous model of
treating motivation for learning is "ARCS", which is powerful model to understand students' statement. Appropriating use of
the model, we assume to solve the problem of motivation for learning. But quite differences of personal characteristics derive
many kinds of learners' modifications. It means it is difficult for teachers to construct ideal learning design for the group class.
To improve this situation, we propose the making decision support system for class design including each class member's
characteristics. In this paper, we describe the research method for constructing the system and the model for modifications of
learning motivation.
キーワード (和) ARCSモデル / 学習意欲 / 授業設計 / 意志決定支援 / モデル化 / / /  
(英) ARCS model / Motivation / Class Design / Decision Support System / Simulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 254, ET2013-54, pp. 19-24, 2013年10月.
資料番号 ET2013-54 
発行日 2013-10-12 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2013-54

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2013-10-19 - 2013-10-19 
開催地(和) 富山大学(五福キャンパス) 
開催地(英) Toyama University (Gofuku Campus) 
テーマ(和) LMSとe-ポートフォリオ/一般 
テーマ(英) Learning Management System, e-Portfolio, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2013-10-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 授業設計への適用を目指したARCSモデルに基づく学習意欲変容の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simulating modification of motivation for learning based on the ARCS model: applying class design 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ARCSモデル / ARCS model  
キーワード(2)(和/英) 学習意欲 / Motivation  
キーワード(3)(和/英) 授業設計 / Class Design  
キーワード(4)(和/英) 意志決定支援 / Decision Support System  
キーワード(5)(和/英) モデル化 / Simulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大前 祐斗 / Yuto Omae / オオマエ ユウト
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中平 勝子 / Katsuko T. Nakahira / ナカヒラ カツコ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福村 好美 / Yoshimi Fukumura / フクムラ ヨシミ
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-10-19 14:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ET 
資料番号 ET2013-54 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数
発行日 2013-10-12 (ET) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会