お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-22 14:25
二次元マルチホップ無線電力伝送における受電器までの高さを考慮した位置推定
大竹晋資島田晃郎宮路祐一上原秀幸大平 孝豊橋技科大
抄録 (和) 磁界共鳴方式による二次元マルチホップ無線電力伝送では,受電器の位置に応じて使用する中継器を選択することで高い効率で電力伝送することができる.そのため,中継器を用いた電力伝送では受電器の位置を知ることが必要となる.我々はこれまで,受電器の設置高さが一定である場合について位置推定の検討を行ってきた.本稿では,二次元マルチホップ電力伝送において受電器の高さを考慮して位置推定精度を評価する.位置推定には反射係数を特徴量とした位置指紋方式を用いる.電磁界シミュレーションの結果より,学習の際に受電器を設置した高さよりも高い位置で推定精度が低下すること,一方,学習の際よりも低い位置では高い推定精度を保つことが示された. 
(英) Two-dimensional multi-hop wireless power transfer via magnetic resonance is able to transmit electrical energy with high efficiency by selecting intermediate couplers in accordance with the location of a receiver. Therefore estimating receiver's location is required for power transfer using intermediate couplers.
In this paper, we evaluate the location estimation accuracy considering receiver height in two-dimensional multi-hop wireless power transfer. We use a fingerprinting method using reflection coefficient as a feature value for location estimation. As results of electromagnetic simulation, estimation accuracy is degraded when the receiver height is higher than learned point. On the other hand, estimation accuracy maintains high precision when the receiver hight is lower than learned point.
キーワード (和) 無線電力伝送 (WPT) / 磁界共鳴結合 / マルチホップ / 位置推定 / 位置指紋 / / /  
(英) wireless power transfer (WPT) / magnetic resonant coupling / multi-hop / location estimation / fingerprinting / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN  
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2013-11-22 - 2013-11-22 
開催地(和) 横須賀リサーチパーク YRP1番館 
開催地(英) Yokosuka Research Park 
テーマ(和) 無線電力伝送、一般 
テーマ(英) Wireless Power Transfer, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2013-11-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二次元マルチホップ無線電力伝送における受電器までの高さを考慮した位置推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Location Estimation Considering Receiver Height in 2D Multi-hop Wireless Power Transfer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 (WPT) / wireless power transfer (WPT)  
キーワード(2)(和/英) 磁界共鳴結合 / magnetic resonant coupling  
キーワード(3)(和/英) マルチホップ / multi-hop  
キーワード(4)(和/英) 位置推定 / location estimation  
キーワード(5)(和/英) 位置指紋 / fingerprinting  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大竹 晋資 / Shinsuke Ohtake / オオタケ シンスケ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 晃郎 / Akiro Shimada / シマダ アキロウ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮路 祐一 / Yuichi Miyaji / ミヤジ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 秀幸 / Hideyuki Uehara / ウエハラ ヒデユキ
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 孝 / Takashi Ohira / オオヒラ タカシ
第5著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-11-22 14:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WPT 
資料番号  
巻番号(vol) vol. 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会