お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-22 11:15
左右耳に入力された刺激音による聴性誘発反応の解析 ~ 競合的刺激音の相互作用 ~
車谷春香田中慶太栗城眞也内川義則東京電機大MBE2013-69
抄録 (和) ヒトの聴覚野における音情報の処理機構の研究では,両耳刺激により入力された音を左右どちらから入力された音なのか弁別することが必要とされている.しかし,聴覚野で観測される反応は両耳からの情報が混在しているため,これを弁別するのは困難である.そこで,本研究では左右の耳から入力された音を弁別する有効な方法を報告する.この方法では,各脳半球の聴覚野に対して同側と反対側の耳から入力した刺激音による反応を,同期・非同期加算により分離して解析する.原理確認のための実験では,非同期加算では反応が減衰消失したのに対し,同期加算では目的の反応が得られた.そこで,刺激音を母音と純音としてMEGを用いて計測を行った.その結果,競合的刺激と片耳刺激では刺激音に依存する特性で聴性誘発磁界N1mの反応に違いがみられた. 
(英) In the study of auditory information processing in the human auditory cortex, it is desirable to observe the responses separately to the right- and left-ear inputs during binaural stimulation of sounds. However, mixed responses in the auditory cortex are difficult to discriminate. Here, we report effective method to discriminate transient responses evoked by monaural or dichotic sounds delivered simultaneously to the right and left ears. In the first measurement, we confirmed the attenuation of transient phasic responses after repeated averaging of the response-epochs, while original waveform of the response was reserved. In the measurements of evoked magnetic fields, we obtained separated responses to a speech sound /a/ and a pure tone delivered to the right and left ears. Results showed the difference between dichotic and monaural stimulation in the magnetic auditory evoked response N1m in a way that depended on the characteristics of the sounds.
キーワード (和) 聴覚機能 / 両耳刺激 / 聴性誘発反応 / 脳半球差 / 脳磁図 / / /  
(英) Auditory function / binaural stimulation / auditory evoked response / hemispheric difference / MEG / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 314, MBE2013-69, pp. 19-24, 2013年11月.
資料番号 MBE2013-69 
発行日 2013-11-15 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2013-69

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2013-11-22 - 2013-11-23 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) BCI/BMIとその周辺, 一般 
テーマ(英) BCI/BMI, NC and MBE 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2013-11-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 左右耳に入力された刺激音による聴性誘発反応の解析 
サブタイトル(和) 競合的刺激音の相互作用 
タイトル(英) Analysis of auditory evoked responses to the stimmuli delivered to the right and left ears 
サブタイトル(英) Interaction of dichotic sounds 
キーワード(1)(和/英) 聴覚機能 / Auditory function  
キーワード(2)(和/英) 両耳刺激 / binaural stimulation  
キーワード(3)(和/英) 聴性誘発反応 / auditory evoked response  
キーワード(4)(和/英) 脳半球差 / hemispheric difference  
キーワード(5)(和/英) 脳磁図 / MEG  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 車谷 春香 / Haruka Kurumaya / クルマヤ ハルカ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 慶太 / Keita Tanaka / タナカ ケイタ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗城 眞也 / Shinya Kuriki / クリキ シンヤ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内川 義則 / Yoshinori Uchikawa / ウチカワ ヨシノリ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-11-22 11:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MBE 
資料番号 MBE2013-69 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.314 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数
発行日 2013-11-15 (MBE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会