お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-03 13:00
[ポスター講演]市街地環境下での車車間通信におけるブロードキャスト型DS-CDMA方式とCSMA/OFDM方式の比較
榊原 翔東京理科大)・大野光平明大)・伊丹 誠東京理科大ITS2013-19
抄録 (和) IEEE802.11pやARIB STD T109などのIVCでは,自律分散なネットワークを構築しやすいという理由から,MAC方式に CSMA/CA方式,変調方式にOFDMを用いるシステムが一般的である.一方でCSMAベースのシステムでは隠れ端末問題による特性の劣化が発生するため,筆者らは符号分割による同時通信が可能なCDMAを用いる車々間通信方式を提案してきた.しかしどちらの方式も,市街地の伝搬環境を考慮した上で,実際どの程度の性能を 発揮できるか明らかにされていない.本稿では市街地環境でのレイトレーシング伝搬モデルを用いたCSMA/OFDM IVCとDS-CDMA IVCの性能評価を行った.シミュレーションの結果,トラフィックが多く,隠れ端末が多く発生する環境でも,CSMA/OFDMの方が優れたPER特性を得られる事が分かった.一方でブロードキャスト型のDS-CDMA IVCでは,PER特性の改善が必要であるが,CSMA/CAに比べ低遅延なIVCを実現できる可能性を示した. 
(英) The IVC systems based on CSMA/OFDM scheme such as IEEE802.11p or ARIB STD-T109 in Japan are widely developed because autonomous distributed networks are easily made by using the CSMA/CA MAC pro- tocol. However, the hidden terminals in CSMA networks cause the performance degradation. In our previous study, a new IVC scheme using CDMA had been proposed to mitigate the impact of hidden terminals and evaluated the performance in the simple straight road model. However, performances of both IVC schemes are not evaluated in the urban area road model assuming multipath fading. In this paper, performances of the DS-CDMA IVC scheme and CSMA/OFDM IVC scheme are evaluated in urban area road model. As the results of simulations, it was confirmed that the PER (Packet Error Rate) performances of CSMA/OFDM IVC can be made better than the DS-CDMA. On the other hand, DS-CDMA shows the possibility that it is able to achieve a low delay communication as compared with CSMA/OFDM.
キーワード (和) 車車間通信 / DS-CDMA / CSMA/CA / / / / /  
(英) IVC / DS-CDMA / CSMA/CA / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 337, ITS2013-19, pp. 13-18, 2013年12月.
資料番号 ITS2013-19 
発行日 2013-11-26 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2013-19

研究会情報
研究会 ITS WBS  
開催期間 2013-12-03 - 2013-12-04 
開催地(和) 東京理科大学 
開催地(英) Tokyo University of Science 
テーマ(和) ITS通信,ポスター講演,一般 
テーマ(英) ITS Communication, Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2013-12-ITS-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 市街地環境下での車車間通信におけるブロードキャスト型DS-CDMA方式とCSMA/OFDM方式の比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance comparison of DS-CDMA IVC scheme and CSMA/OFDM IVC scheme in urban area 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車車間通信 / IVC  
キーワード(2)(和/英) DS-CDMA / DS-CDMA  
キーワード(3)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 翔 / Sho Sakakibara / サカキバラ ショウ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 光平 / Kohei Ohno / オオノ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊丹 誠 / Makoto Itami / イタミ マコト
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-12-03 13:00:00 
発表時間 150分 
申込先研究会 ITS 
資料番号 ITS2013-19 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.337 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数
発行日 2013-11-26 (ITS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会