お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-04 13:05
意味内容比較による判例検索システムJUSTICEの開発
小畑寛人原田 実青学大NLC2013-33
抄録 (和) 本システムは、事案の概要を文章で入力すると、これと意味的に類似した判例を出力する。類似性の判定は、判例データベース中のすべての判例および事案の文章を意味解析システムSageによって、語意や深層格が割り当てられた意味グラフに展開し、この上で事案と判例の双方の間で意味的に類似している共通部分グラフの大きさを求めこれを両者間の類似度とし、その値の大きい順にソートして出力する。このような語意による類似性判定は、表記の揺れによる文意の差を吸収でき、また文節間の意味的な関係性の類似性も評価できる。10件の事案に対して判例タイムズ誌の参照判例や体系目次を用いた関連判例の評価の結果、検索上位10位内の判例が類似判例である割合は66%であった。 
(英) We developed a judicial precedent retrieval system Justice, which outputs the judicial precedent similar to the inputted outline of an incident. Similarity between an incident and a judicial precedent is judged by the size of the intersection between the semantic graphs translated from them by the semantic analysis system SAGE. Similarity determination based on word meaning like this can absorb the sentence meaning difference caused by orthographical variants, and can also evaluate the similarity of semantic relationships between clauses. The result of evaluation using index system table of contents of Hanrei Times for the cases of 10, the ratio of the retrieved top 10 precedents is similar to the input case was 66%.
キーワード (和) 判例検索 / 意味解析 / 意味グラフ / グラフ照合 / / / /  
(英) Judicial precedent retrieval / Semantic analysis / semantic graph / semantic matching / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 338, NLC2013-33, pp. 1-6, 2013年12月.
資料番号 NLC2013-33 
発行日 2013-11-27 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLC2013-33

研究会情報
研究会 NLC  
開催期間 2013-12-04 - 2013-12-05 
開催地(和) グリー株式会社 六本木ヒルズ森タワー 
開催地(英) Gree Inc. 
テーマ(和) 第5回集合知シンポジウム 
テーマ(英) The 5th Symposium on Collective Knowlege 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2013-12-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 意味内容比較による判例検索システムJUSTICEの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Judicial precedent retrieval system Justice based on text semantic matching 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 判例検索 / Judicial precedent retrieval  
キーワード(2)(和/英) 意味解析 / Semantic analysis  
キーワード(3)(和/英) 意味グラフ / semantic graph  
キーワード(4)(和/英) グラフ照合 / semantic matching  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小畑 寛人 / Hiroto Kobatake / コバタケ ヒロト
第1著者 所属(和/英) 青山学院大学大学院理工学研究科知能情報コース (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 実 / Minoru Harada / ハラダ ミノル
第2著者 所属(和/英) 青山学院大学理工学部情報テクノロジー学科 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2013-12-04 13:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NLC 
資料番号 NLC2013-33 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.338 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2013-11-27 (NLC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会