お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-14 14:45
自動生成辞書に基づいたツイート音声の感情判別の検討
柳瀬恵里西崎博光関口芳廣山梨大NLC2014-4
抄録 (和) 音声発話に含まれる感情判別を行うために言語情報を利用することを検討する.日本語においては,言語的な特徴を利用した音声の感情判別の研究例が少ない.そこで本研究では,Twitterのツイートから感情判別を行うための感情語辞書の自動生成を試みる.提案手法では,基礎となる感情語を用いてTwitterから大量のツイートを収集し,そこに含まれる語句を感情語として登録した.テキストツイートと音声ツイートに対して言語情報のみを用いた感情判別実験を行った.音声ツイートに対しては単純な音声認識結果を利用,音声中の検索語検出を利用する2つの方法で感情判別を行った.実験の結果,テキストツイートに対しては約4割の判別精度,音声ツイートに対してはそれよりも若干下回る判別精度であった. 
(英) We make a study of utilization of linguistic information for classification of emotion in spoken utterances. In Japanese, there are a few researches on emotion recognition using linguistic features extracted from a spoken utterance. This paper describes an emotion recognition method that is based on an automatic construction of an emotional words/phrases dictionary from Twitter and an emotion recognition experiment using the dictionary. The dictionary is made by collecting so many tweets from Twitter, and the extracted words/phrases are registered to the dictionary. For an emotion recognition experiment, we prepared two types of test data; text tweets and spoken tweets. For the spoken tweets, we try two types of emotional words/phrases extraction methods; one is to use an automatic speech recognizer and the other is to use a spoken term detection technique. The experimental result showed that the emotion recognition accuracy was about 40% for the text tweets, and the accuracy for the spoken tweets was slightly lower than the one of the text tweets.
キーワード (和) 感情判別 / 言語情報 / 音声認識 / 音声中の検索語検出 / / / /  
(英) Emotion recognition / linguistic information / speech recognition / spoken term detection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 81, NLC2014-4, pp. 17-22, 2014年6月.
資料番号 NLC2014-4 
発行日 2014-06-07 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLC2014-4

研究会情報
研究会 NLC  
開催期間 2014-06-14 - 2014-06-15 
開催地(和) 九州工業大学(飯塚キャンパス) 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) 言語処理・言語分析の社会応用,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2014-06-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自動生成辞書に基づいたツイート音声の感情判別の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatically-Generated Dictionary-based Emotion Recognition from Tweet Speech 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 感情判別 / Emotion recognition  
キーワード(2)(和/英) 言語情報 / linguistic information  
キーワード(3)(和/英) 音声認識 / speech recognition  
キーワード(4)(和/英) 音声中の検索語検出 / spoken term detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳瀬 恵里 / Eri Yanase / ヤナセ エリ
第1著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西崎 博光 / Hiromitsu Nishizaki / ニシザキ ヒロミツ
第2著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 関口 芳廣 / Yoshihiro Sekiguchi / セキグチ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-14 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLC 
資料番号 NLC2014-4 
巻番号(vol) 114 
号番号(no) no.81 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数
発行日 2014-06-07 (NLC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会